“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

WW2フライトシム『IL-2 Sturmovik: Battle of Stalingrad』発売時期が9月に決定

May 10, 2014(Sat) 00:35 / by G.Suzuki



1CGame Studiosと777 Studiosは、第二次世界大戦の独ソ戦がテーマのPC向けコンバットフライトシム『IL-2 Sturmovik: Battle of Stalingrad』の発売時期が9月に決定したと発表しました。

本作の開発状況は最終段階に入っており、予定としては2014年夏にベータ版へ移行が計画中です。ベータ版では全ての要素を導入予定で、この期間中は品質を保障するためテストと微調整を行っていきます。

この発表が行われた開発者日誌には『IL-2 Sturmovik: Battle of Stalingrad』の制作過程が書かれています。それによると、本プロジェクトが始動したのは2012年12月からで、本格的な開発がスタートしたのが2013年2月からです。その約6ヵ月後に支援プログラムとして、予約購入者向けに早期アクセスを開始すると決定。

予約購入を済ませたユーザーが早期アクセス参加可能になったのは昨年11月(通常版予約購入者は12月から)からでした。この早期アクセスに関して開発チームは、我々の目標とプレイヤーの期待が異なっていたかもしれないことを考えると非常にリスキーだったとのこと。しかし、賞賛と批判がありながらも、このアプローチは結果として良かったと評価しています。

また、多数のリクエストによりスタンダードエディションが公式ストアで6月18日まで購入可能になった他、今年夏にSteamで本作をリリースする予定があることを発表しています。


早期アクセス版で利用可能になった、ソ連戦闘機La-5を紹介するユーザー動画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2014年5月10日 08:48:43 ID: zyWnqpbP3KS/
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    フライト系をVRHMDでやってみたい

  • 2014年5月10日 02:48:26 ID: gw+wPiMcX2h/
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    そこは普通に液冷エンジンと言って欲しかった
    あと俺のCliffs of Dover息してない

  • 2014年5月10日 02:02:08 ID: n0itZpQ0XgyY
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    エンジンむき出しの戦闘機も良いが、スピットファイアやマスタングなどのノーズから流曲線を描いたレシプロ機が好きだな

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

no image