EAが『Warhammer Online』などMMOタイトルを手がけてきたMythic Entertainmentスタジオの閉鎖を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EAが『Warhammer Online』などMMOタイトルを手がけてきたMythic Entertainmentスタジオの閉鎖を発表

ニュース ゲーム業界

2001年に発売された『Dark Age of Camelot』や昨年12月にサービスを終了した『Warhammer Online: Age of Reckoning』などMMOタイトルを手がけてきたMythic Entertainment。同スタジオの閉鎖を親会社であるElectronic Artsが発表しました。

これは海外メディアGame Informerに対しEAが公式声明を送ったことから判明したニュースで、EAは「我々はモバイル開発を他のスタジオ地域へ集約するため、ヴァージニア州フェアファクスにあるEA Mythicを閉鎖しました」とコメント。影響を受けた従業員の人数は明らかにしなかったものの、解雇された人々にはEAや他の会社にて働く機会を提供するため支援していくとしています。

かつてはBioWare Mythicとして知られていた同スタジオは、2006年にElectronic Artsにより買収されEA Mythic、さらに2008年に現在のMythic Entertainmentへと改名。2009年にはBioWareと共同でRPG/MMOの新部門を設立し、同スタジオの顔として知られていたゼネラルマネージャーMark Jacobs氏が退社。ゲーム開発では『Dark Age of Camelot』や『Warhammer Online』を筆頭に多数のMMOタイトルを手がけてきたものの、近年は『Ultima Forever: Quest for the Avatar』などモバイル向けのタイトルを開発していました。

同スタジオ最後のタイトルとなったのはモバイル向けに2013年リリースされた新作『Dungeon Keeper』。『Clash of Clans』的なFree-to-Playシステムの採用などで従来のファンから批判を浴び、原作者ピーター・モリニュー氏からは「こりゃ馬鹿げてる。私はダンジョンを作りたいんだ。掘削するブロックへ戻ってくるためアラームを6日後にセットしたいわけじゃない」との発言も飛び出していました。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  2. 『Half-Life 2』『Portal』のシナリオライターがValveを退社

    『Half-Life 2』『Portal』のシナリオライターがValveを退社

  3. 2Dサンドボックス『Terraria』の販売本数が2,000万本突破!―現在までの統計データも公開

    2Dサンドボックス『Terraria』の販売本数が2,000万本突破!―現在までの統計データも公開

  4. PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定

  5. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

  6. 噂: 新生『God of War』は2017年発売?主演俳優のSNSプロフィールから

  7. 次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加

  8. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

  9. 噂: 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応

  10. オープンワールド狩猟ゲーム『theHunter: Call of the Wild』発表!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top