ハードコアゲーマーのためのWebメディア

流行のSteam早期アクセス、FAQに開発進度に関する一文が追記「ゲームを完成させられないチームもある」

PC Windows

2013年3月から新たなビジネスモデルとしてスタートし、現在インディーゲームを中心に爆発的とも言える流行を見せているSteam早期アクセス(Steam Early Access)。開発中のゲームを発売できるというデベロッパーにとって魅力的な設定には、「開発が遅々として進まない」可能性も常に存在しますが、Valveがこの件に触れる一文を改めてFAQへ追加しました。

日本語版Steamでも確認できるのは「これらのゲームのリリースはいつですか?」内に追記された一文で、以前は存在しなかった「最終的に完成に至らないチームも存在する」との注意書きが登場。この追記に関し海外メディアVentureBeatの取材に答えたValveの代表者は、「FAQの変更は消費者が早期アクセスゲームの開発でなにが発生し、また起きないかを予期してもらうように意図したものだ」とコメントしています。
    Q. これらのゲームのリリースはいつですか?
    A. 正式なリリース日は開発者が決定します。締め切りを頭の中で設けている開発者もいれば、ゲームの開発状況を見て計画を立てていく開発者もいます。ゲームを「完成」させられないチームもあるということをご承知おきください。つまり、現在の状態でプレイして楽しめる場合にのみ早期アクセスのゲームをご購入すべきでしょう。
特にオープンワールドゲームやサバイバルジャンルなど、Steam早期アクセスでは発売から完成に至る道程が現状かなり遠いか、見通しすら立たない作品も多々あるのが現状。また先日には、Steam早期アクセスではないものの同様のモデルを採用していた『Towns』の開発中止をデベロッパーが発表し大きな注目を集めていました。すでに多くのユーザー間でも認知されつつあるSteam早期アクセスの危険性ですが、購入前にロードマップを確認し、先の見えない開発中のゲームであると認識する心構えを改めて行う必要がある状況となっています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 42 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. PC版『Quantum Break』Steamで配信開始!日本語インターフェース/字幕をサポート

    PC版『Quantum Break』Steamで配信開始!日本語インターフェース/字幕をサポート

  2. PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

    PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

  3. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

    フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

  4. タイマン剣術アクション新作『Nidhogg 2』発表!―前作よりもコミカルな雰囲気に

  5. Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

  6. 宇宙にも飛び出す惑星サバイバル『Osiris: New Dawn』がSteam早期アクセス開始!

  7. 世紀末RPG続編『Wasteland 3』PC/PS4/XB1向けに発表―シリーズ初のCo-op導入!

  8. PC版『マインクラフト』新Snapshot配信、新たな動物やブロック収録

  9. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top