ハードコアゲーマーのためのWebメディア

20年の時を経て名作映画『フォレスト・ガンプ』の初となる公式ゲームがiOS向けに登場

アプリゲーム iOS


嘘か真かお伽話のような壮大な人生をトム・ハンクス演じる主人公フォレスト自身が語りかける名作映画『フォレスト・ガンプ』。原作となったウィンストン・グルームの小説は1985年に出版され、さらに映画版は1994年に公開されましたが、それから20年の時を経て同作初となるオフィシャルゲーム『Run Forest Run』がiOS向けに発売されました。

ゲーム内では、フォレストが幼なじみであるジェニーと別れた後、理由もなくアメリカ大陸を走り続け、いつしか平和を願う男として大量のフォロワーを生んだシーンを再現。こちらに向かってくる車や障害物を避けつつ、アラバマ州の田舎地方やルート66といった映画にも登場した舞台をひたすらフォレストが走り続けていくアクションゲームとなっています。

海外メディアKotakuがプレイしたところ、チュートリアルは子供時代のフォレストがジェニーに指示を受けながらジャンプやドッジといった各種アクションを覚えていく様子が描かれたとのこと。『Temple Run』などで見られる人気の無限ラン&ジャンプジャンルということで真新しさはありませんが、映画のテーマと非常にマッチした作品となっているようです。なおタイトル名にもある『Run Forest Run』とは映画内にも登場するお馴染みのセリフ。


開発は『アナと雪の女王』の『Frozen Free Fall』など映画作品のゲームアプリを中心に手がけているモバイルゲームスタジオGenera Mobileが担当。現在はニュージーランド圏内のAppStoreでのみ販売されていることが伝えられています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』ドイツ都市の人が集まるホットスポットでの当局の対応が話題に

    『ポケモンGO』ドイツ都市の人が集まるホットスポットでの当局の対応が話題に

  2. 『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベル40到達、Bot利用のデータ確認目的で【ネタバレ注意】

    『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベル40到達、Bot利用のデータ確認目的で【ネタバレ注意】

  3. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

    世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  4. 『ポケモンGO』各チームリーダーの姿が明らかに―ポケモンセンターの存在も【UPDATE】

  5. バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も

  6. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請―プレイ自体は禁止せず

  7. 『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた―地方都市レポ

  8. 『Pokemon GO』全世界7,500万DL達成、モバイルゲーム史に残る記録に

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 新作対戦TCG『Shadowverse』先行体験会に参加―"進化"が勝負の行方を左右

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top