『クラッシュ・バンディクー』などの復活はあるのか ― SCEのCEOが言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『クラッシュ・バンディクー』などの復活はあるのか ― SCEのCEOが言及

ニュース ゲーム業界

Naughty DogとInsomniac Gamesの両スタジオが開発を手がけ、当時のプレイステーションにおけるアイコン的なキャラクターのひとつであった『クラッシュ・バンディクー』。現在は『スパイロ・ザ・ドラゴン』と共にActivisionがそのIPを保有するも、近年目立った動きがないこれらのシリーズについて、SCEのCEO Andrew House氏が海外メディアからのインタビューに応じています。

海外メディアTelegraphから「クラッシュ・バンディクーやスパイロ・ザ・ドラゴンの復活はあるのか」といった質問に対し「とても危険な話題ですね」と笑いながら回答。「今なお話題に挙がる、若年層にとって大きな存在であったこれらのキャラクターたちを取り戻すことは、決して間違ったことではないのではないか、といった議論が挙がり出しているところです」と説明。近年少なくなった、子供などに向けたカジュアルなキャラクターが活躍するタイトルの必要性を感じていること示唆していると共に、SCEがこれらのIPが戻ってくるための門を開けていることを語っています。

PS4にて『KNACK』などのアニメイティブなタイトルは揃えながらも、幼児・子供向けのコンテンツは決して多いとは言えない昨今のPSプラットフォーム。これまでのリアルを追求した大人向けコンテンツだけではなく、異なるユーザー層獲得のために、過去に保有していた愛嬌のあるIPを取り戻すことがあるかもしれません。
《Hanzo》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 22 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Google Japan年間ベストゲームは『ポケモンGO』!ベストアプリは『AbemaTV』―『シャドウバース』なども

    Google Japan年間ベストゲームは『ポケモンGO』!ベストアプリは『AbemaTV』―『シャドウバース』なども

  2. ノーティードッグPSデビュー20周年!PS Storeでの記念セールが国内発表

    ノーティードッグPSデビュー20周年!PS Storeでの記念セールが国内発表

  3. 中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ

    中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ

  4. Blizzardが出版部門を設立、各フランチャイズの小説と“Manga”などを出版へ

  5. 壮大スペースシム『Elite: Dangerous』PS4版が海外発表!PS4 Pro対応も

  6. 『FFXV』アプデのロードマップ公開―新イベント・強くてニューゲーム・キャラメイク等の追加要素を多数予定!

  7. 噂: 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応

  8. Rockstarの学園ADV『Bully』モバイル版登場!国内Android/iOS向けに配信開始【UPDATE】

  9. 『ポケモンGO』新ポケモンの登場が確定!

  10. 恐竜世界でサバイバル!『ARK: Survival Evolved』が発表―PS4/Xbox One/Steamで2016年リリース予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top