ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Battlefield Hardline』の発売が2015年へ延期、さらなる革新や安定性の向上を目指す

家庭用ゲーム PS4

先日ベータテストが実施され今秋の発売に向けて順調に調整が続けられているかに見えた『Battlefield Hardline』ですが、DICEが公式ブログにて同作の発売延期を明らかにし、2015年初頭にリリースすると発表しました。同作は全プラットフォームを対象に10月21日の発売が予定されていました。

DICEの幹部でありグループのジェネラルマネージャー役Karl Magnus Troedsson氏は、ベータテストを経て数百万人のプレイヤーが参加した結果、大量のデータとフィードバックを得ることができたとコメント。『Hardline』をさらに革新しよりよくする可能性や方法について考え始めたと伝えており、それらを導入するのに数ヶ月間の時間が必要になったと解説しています。

DICEとVisceralは先日より「Community's Most Wanted List」と名づけた、コミュニティがもっとも求める改善要求をリストアップし公開してきました。今回の発表では発売延期にともない以下3つの新規要素や調整を成し遂げることができるようになったとされています。
    1. マルチプレイヤーの革新: E3ベータや内部テスト、コミュニティとの取り組みを経てマルチプレイヤーに関する有意義な意見を多数受け取った。警察と犯罪者集団のひらめきを完全にユニークな『Battlefield』体験にするため、コミュニティから直接受け取った新たなフィーチャーのアイディアをいくつか追加する予定
    2. シングルプレイヤーストーリーの深み: プレイヤーが期待する通りのシングルプレイヤー体験を確実にするため、コアのフィーチャーをさらに洗練し、より深みのある"クライムリベンジ"のストーリー体験を手助けするような少量の新規要素を追加する予定
    3. 安定性: プロジェクト初日からチームがフォーカスしてきたことであり、さらに追加の時間を用いて安定したローンチのためゲームを最適化していく予定。『Battlefield 4』から多くのことを学び、Community Test Enviromentや『Hardline』の新たなベータからもフィードバックを受け取る予定。さらなる時間のおかげで我々は問題を表面化しローンチよりも前に修正を試みることが可能となる
なお『Battlefield Hardline』のベータテスト第2弾は今秋に全プラットフォーム上で実施されることが予告されており、今回の発表ではテスト時期が変更されるとの情報は伝えられていません。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バトルフィールド 1』OBTではPS4ユーザーのPS Plus登録は不要

    『バトルフィールド 1』OBTではPS4ユーザーのPS Plus登録は不要

  2. 破壊系レーシング『Wreckfest』PS4/X1版は2017年春に海外リリース

    破壊系レーシング『Wreckfest』PS4/X1版は2017年春に海外リリース

  3. 各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

    各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  6. DLCまで全収録の『MGS V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN』11月発売決定

  7. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」解説動画―あのパドルボールも頼れる武器に!

  8. 『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』4週連続システム紹介動画第3弾「協力プレイ」編公開!

  9. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  10. PS4『ウイイレ2017』VS『ウイイレ2016』グラフィック比較映像―両作の違いとは…

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top