“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

レースゲームの「ゴースト」を通して10年前に死んだ父と再会した青年

July 23, 2014(Wed) 17:38 / by ishigenn

最速タイムでコース上を走る車体の挙動を記録し、おもにタイムアタックにて当たり判定のないライバル車として再登場させるレースゲームの「ゴースト」。とある青年がこの機能を通して、10年前に死んだ父の操作する「ゴースト」に遭遇したとのエピソードを語りました。

これは今年5月にYouTubeで公開された「ビデオゲームはスピリチュアルな体験になりうるか?」のコメントセクションにて、ユーザー00WARTHEPAPYOOが語った物語。同ユーザーは自身が6歳のころに父親を亡くしており、父が持っていたXboxのレーシングゲーム『Rally Sports Challenge』を10年振りにプレイしたところ、セーブデータに当時の「ゴーストの記録」が残っていたと伝えています。
    僕が4歳のとき、父は頼もしきXboxを買ってきたんだ。デコボコとしててどデカい2001年のアレさ。僕はありとあらゆるゲームを父と山ほど一緒にプレイして楽しんだ、6歳のときに父が死ぬまでね。

    このコンソールには10年間さわれなかったんだが、あるとき起動してみると、気がついたんだ。あの日がくるまで僕達はレーシングゲーム『Rally Sports Challenge』をやり込んでいた。そしていろいろといじくり回してみると……僕はゴーストを見つけた。文字通りね。

    タイムレースがプレイされた場合、今までで最速のラップがゴーストドライバーとして記録されている?ああ、そのとおりだった。彼のゴーストはまだ今日もトラックを走っている。
現代のレーシングゲームのゴーストはセーブデータ上に個別に保存したり、インターネット上で公開したりすることが可能ですが、『Rally Sports Challenge』はコース毎に最速のタイムを記録したゴーストのみが保存される仕様です。思わぬところで父の「ゴースト」と出会ったユーザー00WARTHERPAPYOO氏は、何度もプレイを重ね、そして父親のゴーストを消すことができなかったと伝えています。
    それからゴーストに勝てるようになるまで何度も何度もプレイしたんだ。1日が終わる前に、ゴーストよりも前に出てそれを追い越した。そして……。

    僕はゴールライン目前で止まった。ゴーストを消すことだけはしたくなかったんだ。
この奇妙な運命の再会を果たした物語は、動画のコメント欄にて語られたにもかかわらず大きな注目を集めており、当の本人は予想外の反応だったと伝えています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2014年7月23日 17:56:12 ID: VWwf/FmzBFtF
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    父親のゴーストが強くなくて大きくなった息子が消せちゃうぐらいの記録なのがいいね
    10年間という月日で息子が成長したのがよくわかる

  • 2014年7月23日 17:40:20 ID: x6ym/w5eZHuA
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    切ない

  • 2014年7月23日 17:53:44 ID: TSy++bXSBORF
    4 daiさん
    通報する

    第13話、涙を流して絶叫しながらアクセルを踏み、父のゴーストを上書き。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 54 件

no image