ロビン・ウィリアムズをゲームに登場させて ― 『World of Warcraft』のファンが署名運動 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロビン・ウィリアムズをゲームに登場させて ― 『World of Warcraft』のファンが署名運動

ゲーム文化 カルチャー

(C) Getty Images
  • (C) Getty Images
  • (C) Getty Images
63歳で他界し、自宅で首つり自殺をしたとも報じられている、ハリウッドベテラン俳優でコメディアンのロビン・ウィリアムズさん。

彼は生前、Blizzardの人気MMORPG『World of Warcraft(WoW)』の熱心なプレイヤーだったことを明らかにしていて、突然の訃報を知ったファンらが、『WoW』のゲーム中にウィリアムズさんをNPC(ノンプレイヤーキャラクター)として登場させようという署名運動を発足させています。

この要求は、さっそくBlizzard社員の目に止まり、同社テクニカルゲームデザイナーのChadd Nervigg氏は、署名運動について「もちろん、見ているところです」とツイート。この発言が、実現を意味するものなのか、はたまた検討段階なのか定かではありませんが、前向きな姿勢でいることに変わりない様子。

Change.orgの署名ページでは、「World of Warcraftの中にある酒場“Worlds End Tavern”でロビン・ウィリアムズのキャラクターがお得意のジョークを披露して、いつまでもずっとみんなを笑顔にさせ続けてほしい」と綴られています。

(C) Getty Images
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『LIMBO』『INSIDE』のPlaydeadが新作発表!―独特のコンセプトアート

    『LIMBO』『INSIDE』のPlaydeadが新作発表!―独特のコンセプトアート

  2. 実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か

    実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か

  3. 可愛すぎる!『オーバーウォッチ』の「猫版」ハイライト・イントロ―海外ファンメイド映像

    可愛すぎる!『オーバーウォッチ』の「猫版」ハイライト・イントロ―海外ファンメイド映像

  4. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  5. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  6. 狂気に支配される新作『Year Of The Ladybug』初のトレイラー遂に公開

  7. 『ARK: Survival Evolved』のポケモンModがSteamワークショップに投稿される

  8. 擬人化ウサギの格闘ACT『Overgrowth』がβ段階に突入!―カンフー映画のようなバトルが特色

  9. ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

  10. 『LoL』のボードゲームスピンオフ『Mechs vs Minions』が発表!―海外で10月発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top