ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Intelが『DirectX 12』のパフォーマンスを披露― 『DX11』より70%の動作向上

PC Windows

IntelはSIGGRAPH 2014で、Microsoftの新グラフィックAPIである『DirectX 12』の技術デモンストレーションを行ったことを発表しました。

この技術デモは、Intelの第四世代Coreを搭載している(DirectX Dev Blogによれば、HD4400を内蔵)MicrosoftのタブレットPCであるSurface Pro 3を使用しています。比較対象は同PCの『DirectX 12』(以下、DX12)と『DirectX 11』(以下、DX11)における、高パフォーマンスモードと省電力モードです。




このデモは、『DX11』と『DX12』で約5万個に及ぶ小惑星をレンダリングするものです。スクリーンショットでは左上にフレームレート(以下、fps)がある他、右下にCPUとGPUの負担率が表示されています。『DX11』では19fpsで、CPUとGPUの負担率は約半分づつという結果になりました。

対して『DX12』では33fpsと、『DX11』の19fpsから約70%動作が向上しており、負担率もCPUのストレスが抑えられている結果となりました。この傾向は省電力モードなるとよくわかり、GPUの負担は変わらずCPUの負担が抑えられ、全体の電力消費が小さくなっていることがわかります。

またDirectX Dev Blogは、この発表を補足しており「DX12はDX11のCPU電力を50%抑えられる」としています。さらに、Microsoftの様々なデバイスでこれらの改善が可能な事を示した他、『DirectX 12』の早期アクセスプログラムが実施中であることを告知しました。この『DX12』によってPCのみならず、他のデバイスもパフォーマンス向上が期待できるかもしれません。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 冷戦の名機が飛ぶフライトシム『DCS: F-5E Tiger II』が早期アクセス開始

    冷戦の名機が飛ぶフライトシム『DCS: F-5E Tiger II』が早期アクセス開始

  2. 子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

    子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

  3. RTS最新作『Halo Wars 2』新キャラ解説映像―シネマティックティーザーも

    RTS最新作『Halo Wars 2』新キャラ解説映像―シネマティックティーザーも

  4. 『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

  5. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  6. 大量のゾンビに囲まれる!『Death Road to Canada』がSteam配信―犬も銃を撃つ2DアクションRPG

  7. オンラインFPS最新作『サドンアタック2』の国内サービス決定―日本語公式サイトも

  8. 謎の森で生き延びるオープンワールドサバイバルホラー『The Forest』がSteam早期アクセスにて配信開始

  9. 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―CBTのプレイアブルエリアを披露

  10. 非対称PvPホラー『Dead by Daylight』プレイレポ―開発者からメッセージも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top