『Silent Hills』のティーザーゲーム『P.T.』でシリーズ恒例の「アレ」の小ネタが発見される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Silent Hills』のティーザーゲーム『P.T.』でシリーズ恒例の「アレ」の小ネタが発見される

家庭用ゲーム PS4

『Silent Hills』のティーザーゲーム『P.T.』でシリーズ恒例の「アレ」の小ネタが発見される
  • 『Silent Hills』のティーザーゲーム『P.T.』でシリーズ恒例の「アレ」の小ネタが発見される
多くのユーザーとメディアが驚いた『Silent Hills』のプレイアブルティーザー『P.T.』。ゲーム内ではスウェーデン語が流れるラジオが登場しますが、そのラジオから流れる音声がシリーズ恒例の「アレ」をネタにしたものではないかとして、海外でふたたび注目を集めています。

これはYouTubeのユーザーがスウェーデン語を翻訳した映像を投稿したもので、海外メディアPolygonやJoystiqなどが取り上げています。全文は以下の通りです。


    目を閉じてください。ラジオに耳をかたむけて。私の声が聞こえますか?自分の魂の叫び声が聞こえますか?選択しましょう、未来を語る私の声か、困難(※)にもがき苦しむか。どうです?なにを選びますか?あたなは選択できるのです。あなたの人生だ。あなたの未来だ!

    もしあなたが懸命なら、もうすでに気づいていることでしょう。75年前のラジオドラマは現実となった。彼らはここ地球にに居るのです。そして彼らは監視し全てを見ています。ニュースを信じないでください。警察を信じないでください。すでに彼らにコントロールされています。

    そしていま75年が過ぎた。彼らを食い止められる(※)のは我らの指導者(マスター)だけです。あなたは権利を持っている。我々の一員となることができる権利だ。ようこそ我々の世界へ。とにかく急ぐんです、新たな時限の扉が開きます。
    ※印は音声が聞き取りづらい箇所
ラジオ中にて示されているこの「75年前のドラマラジオ」とは、アメリカの監督であり脚本家だったオーソン・ウェルズが、H.G.ウェルズの宇宙人襲来小説『宇宙戦争』のラジオドラマ版を放送した件を指ししてると推測されています。このラジオドラマは1938年当時、放送を聞いた人々が本当に宇宙人が襲来したと勘違いしてしまい、米国内でパニックになるという事件を引き起こしてしまいました。

『サイレントヒル』シリーズでは馬鹿げた結末を描く「宇宙人(UFO)」のエンディングネタが恒例となっており、今回はどうやら開発がその流れでネタを仕込んだ模様です。『P.T.』は『Silent Hills』本編と世界観や操作性は異なることが明らかとされていますが、ティーザーの時点ですでにシリーズのお約束を守っているということで、製品版でもやはり登場することとなるのか注目が集まります。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 22 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 新作サーフィンゲーム『Surf World Series』プレイ映像!―華麗なトリックを決めろ

    新作サーフィンゲーム『Surf World Series』プレイ映像!―華麗なトリックを決めろ

  2. N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

    N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

  3. 『マインクラフト』に戦隊ヒーロー「パワーレンジャー」のスキンパックが登場!

    『マインクラフト』に戦隊ヒーロー「パワーレンジャー」のスキンパックが登場!

  4. 家庭用版『マインクラフト』に「グライド ミニゲーム」新登場!―エリトラで滑空レースに挑戦

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』先行試射会の6時間でわかったこと

  6. 『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

  7. 『ウォッチドッグス2』新たな無料コンテンツ発表、DLC第3弾は4月海外配信

  8. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  9. 【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

  10. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top