“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Silent Hills』のティーザーゲーム『P.T.』でシリーズ恒例の「アレ」の小ネタが発見される

『Silent Hills』のティーザーゲーム『P.T.』でシリーズ恒例の「アレ」の小ネタが発見される

August 21, 2014(Thu) 10:42 / by ishigenn

多くのユーザーとメディアが驚いた『Silent Hills』のプレイアブルティーザー『P.T.』。ゲーム内ではスウェーデン語が流れるラジオが登場しますが、そのラジオから流れる音声がシリーズ恒例の「アレ」をネタにしたものではないかとして、海外でふたたび注目を集めています。

これはYouTubeのユーザーがスウェーデン語を翻訳した映像を投稿したもので、海外メディアPolygonやJoystiqなどが取り上げています。全文は以下の通りです。


    目を閉じてください。ラジオに耳をかたむけて。私の声が聞こえますか?自分の魂の叫び声が聞こえますか?選択しましょう、未来を語る私の声か、困難(※)にもがき苦しむか。どうです?なにを選びますか?あたなは選択できるのです。あなたの人生だ。あなたの未来だ!

    もしあなたが懸命なら、もうすでに気づいていることでしょう。75年前のラジオドラマは現実となった。彼らはここ地球にに居るのです。そして彼らは監視し全てを見ています。ニュースを信じないでください。警察を信じないでください。すでに彼らにコントロールされています。

    そしていま75年が過ぎた。彼らを食い止められる(※)のは我らの指導者(マスター)だけです。あなたは権利を持っている。我々の一員となることができる権利だ。ようこそ我々の世界へ。とにかく急ぐんです、新たな時限の扉が開きます。
    ※印は音声が聞き取りづらい箇所
ラジオ中にて示されているこの「75年前のドラマラジオ」とは、アメリカの監督であり脚本家だったオーソン・ウェルズが、H.G.ウェルズの宇宙人襲来小説『宇宙戦争』のラジオドラマ版を放送した件を指ししてると推測されています。このラジオドラマは1938年当時、放送を聞いた人々が本当に宇宙人が襲来したと勘違いしてしまい、米国内でパニックになるという事件を引き起こしてしまいました。

『サイレントヒル』シリーズでは馬鹿げた結末を描く「宇宙人(UFO)」のエンディングネタが恒例となっており、今回はどうやら開発がその流れでネタを仕込んだ模様です。『P.T.』は『Silent Hills』本編と世界観や操作性は異なることが明らかとされていますが、ティーザーの時点ですでにシリーズのお約束を守っているということで、製品版でもやはり登場することとなるのか注目が集まります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2014年8月21日 11:29:32 ID: O6QG4pzo5UBy
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    クリアは意外とあっさり出来たけど

    なんか臭いなと思ったら、うんこ漏れてたわ

  • 2014年8月21日 11:04:04 ID: VkaeXn0Hbs6p
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    歴代ホラーゲーの中でも抜群の恐怖感、世界中のゲーマーを躍起にさせた難易度、
    散りばめられた謎、実は静岡のプレイアブルティザーだったというサプライズ性…
    冗談抜きで今年のGOTYを総ナメにするかもな

  • 2014年8月21日 10:49:10 ID: V0agtfqpYKhK
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    深夜2時に部屋の電気消してヘッドホンしたやったんだけど
    マジで最高に怖かったわ。漏らしそうになったわw

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 22 件

no image