ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表

ゲーム文化 カルチャー

『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表
  • 『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表
  • 『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表

フロリダ州立大学の教授より、Valveが手掛けたパズルアクション『Portal 2』のゲームプレイは認知能力の上昇に繋がるとの研究結果が発表されました。

同大学で教育心理学や学習システムを研究しているValerie J. Shute氏は、「プレイしている間、ずっと思考を巡らせていました。私はすべての種類の問題解決に本気で取り組んでいたのです」と『Portal 2』のゲーム性についてコメント。更に脳科学のスペシャリスト達が開発した「Lumosity」と言うブレイントレーニングプログラムと比較し、『Portal 2』は「Lumosity」より脳の認知機能を促進させる効果があると語っています。


Shute氏の研究では、『Portal 2』と「Lumosity」をそれぞれ被験者達に8時間ほどプレイさせ、認知技能テストを実施したとのこと。『Portal 2』をプレイした被験者は3種の技能テストで「Limosity」プレイヤーを上回るスコアを叩き出し、特に空間把握に関するテストで大きな得点をマークしていたと伝えられています。研究結果はScienceDirectで公開されており、一般ユーザーは24.95ドルで購入することが可能です。

以前にも『The Last of Us Remastered』を使った脳波測定や、ペンシルバニア大によるビデオゲームを使ったてんかん患者向けテストが話題になっていました。緻密なレベルデザインが施された『Portal 2』のみならず、今後様々なジャンルのビデオゲームが脳科学などの実験に用いられ、新たな研究結果が発表されるかもしれません。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

    バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

  2. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

    地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  3. 初代『Quake』生誕20周年記念で新エピソードが配信!―Machine Gamesが制作

    初代『Quake』生誕20周年記念で新エピソードが配信!―Machine Gamesが制作

  4. 本日の一枚『"胸囲"の再現!ララ・クロフトコス』

  5. 『CoD:IW』敵役は「ゲーム・オブ・スローンズ」キット・ハリントン!モーキャプ風景も

  6. もし『The Witcher 3』が名作ノワール映画になったら…渋過ぎる海外アート集

  7. SIEの吉田修平氏登壇!インディーゲームイベント「BitSummit 4th」の追加情報発表

  8. チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

  9. 少女が描いた『オーバーウォッチ』新キャラをブリザードがイラスト化!

  10. フロム監修『ダークソウル』フィギュア発売決定!第1弾は「騎士アルトリウス」

アクセスランキングをもっと見る

page top