ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty: Advanced Warfare』売上は前作を数百万本下回るか、専門家が動向を予測

ニュース ゲーム業界

強化外骨格エグゾスケルトンがもたらす革新性に注目が集まるシリーズ最新作『Call of Duty: Advanced Warfare』ですが、その期待に反して売上は前作を数百万本下回るのではないかとの予測が報じられています。

海外メディアCinemaBlendによると、市場の動向を分析しているのはリサーチ企業、Sterne Ageeのアナリスト、Arvind Bhatia氏。四半期における本作の出荷本数が去年リリースされた『Call of Duty: Ghosts』を15パーセント下回ると予測しています。前作の2000万本からおよそ1700万本へ減少する背景を、3つの要因を添えて次のように説明しています。



まず、前作に満足しなかったユーザーの反応に言及。本作が発売直後のレビューでハイスコアを記録して大きな話題にでもならない限り、前作ユーザーは本作のコンテンツにも懐疑的な姿勢を崩さないだろうと語っています。次に、PS3とXbox 360のタイトル売上本数が今年に入ってから大幅に減少している(PS3は50パーセント減、Xbox 360は46パーセント減)ことに触れ、本作のような縦マルチタイトルには決していい前兆とは言えないと説明。最後に、次世代機へ乗り換えるべきかをまだ検討しているユーザーは、どのプラットフォームに移行するかを決めるまでゲームを購入しない可能性があるとのことです。

すでに今作の予約数は前作の数字を下回っているとのことで、これら要因の影響は顕著なようです。しかし、開発元がSledgehammer Gamesにバトンタッチしたことに加えて、強化外骨格や様々な未来兵器によってシリーズへの革新性を追及している本作にかかる期待は決して無視できません。今回伝えられている要因が必ずしも前例を繰り返す根拠になるとは言い切れませんが、少なくともローンチ時における売上減退の予兆なのかもしれません。



『Call of Duty: Advanced Warfare』は、PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360を対象に、海外でActivisionから11月4日のリリースを予定。国内ではスクウェア・エニックスから11月13日に字幕版の発売が予定されており、価格は7,800円です。吹き替え版の発売は2014年内の予定ですが、詳細は明かされていません。

※文中の誤字を訂正しました。ご指摘に感謝します
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 50 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 狂気の話題作『Year Of The Ladybug』初のトレイラーまもなく公開

    狂気の話題作『Year Of The Ladybug』初のトレイラーまもなく公開

  2. 『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

    『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

  3. Steam夏の大型セール「サマーピクニックセール」がスタート!

    Steam夏の大型セール「サマーピクニックセール」がスタート!

  4. 『L.A. Noire』のTeam Bondi新作『Whore of the Orient』が開発中止か

  5. 非対称マルチプレイサバイバルホラー『Dead by Daylight』が発表―殺人鬼vs4人の男女

  6. PS4/PS3/PS Vita向け『ウォーキング・デッド シーズン2』国内向けに発売決定―前作のPS4版もリリース予定

  7. Valve、FPS『CS:GO』での違法賭博をサポートしていると提訴される

  8. サンドボックス工作ADV『Portal Knights』に日本語が実装!

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 噂: Steamサマーセールの実施日時が流出か―開発者向けイベント告知より

アクセスランキングをもっと見る

page top