ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty: Advanced Warfare』売上は前作を数百万本下回るか、専門家が動向を予測

ニュース ゲーム業界

強化外骨格エグゾスケルトンがもたらす革新性に注目が集まるシリーズ最新作『Call of Duty: Advanced Warfare』ですが、その期待に反して売上は前作を数百万本下回るのではないかとの予測が報じられています。

海外メディアCinemaBlendによると、市場の動向を分析しているのはリサーチ企業、Sterne Ageeのアナリスト、Arvind Bhatia氏。四半期における本作の出荷本数が去年リリースされた『Call of Duty: Ghosts』を15パーセント下回ると予測しています。前作の2000万本からおよそ1700万本へ減少する背景を、3つの要因を添えて次のように説明しています。



まず、前作に満足しなかったユーザーの反応に言及。本作が発売直後のレビューでハイスコアを記録して大きな話題にでもならない限り、前作ユーザーは本作のコンテンツにも懐疑的な姿勢を崩さないだろうと語っています。次に、PS3とXbox 360のタイトル売上本数が今年に入ってから大幅に減少している(PS3は50パーセント減、Xbox 360は46パーセント減)ことに触れ、本作のような縦マルチタイトルには決していい前兆とは言えないと説明。最後に、次世代機へ乗り換えるべきかをまだ検討しているユーザーは、どのプラットフォームに移行するかを決めるまでゲームを購入しない可能性があるとのことです。

すでに今作の予約数は前作の数字を下回っているとのことで、これら要因の影響は顕著なようです。しかし、開発元がSledgehammer Gamesにバトンタッチしたことに加えて、強化外骨格や様々な未来兵器によってシリーズへの革新性を追及している本作にかかる期待は決して無視できません。今回伝えられている要因が必ずしも前例を繰り返す根拠になるとは言い切れませんが、少なくともローンチ時における売上減退の予兆なのかもしれません。



『Call of Duty: Advanced Warfare』は、PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360を対象に、海外でActivisionから11月4日のリリースを予定。国内ではスクウェア・エニックスから11月13日に字幕版の発売が予定されており、価格は7,800円です。吹き替え版の発売は2014年内の予定ですが、詳細は明かされていません。

※文中の誤字を訂正しました。ご指摘に感謝します
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 50 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

    終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  2. CRI・ミドルウェア、SIE主動の中国ゲーム開発サポートプロジェクト「China Hero Project」に参画

    CRI・ミドルウェア、SIE主動の中国ゲーム開発サポートプロジェクト「China Hero Project」に参画

  3. 噂:実写映画版『ディビジョン』、「オデッセイ」ジェシカ・チャステインと出演交渉中か

    噂:実写映画版『ディビジョン』、「オデッセイ」ジェシカ・チャステインと出演交渉中か

  4. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  5. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  6. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  7. 「PS4システムソフトウェアベータテスト」参加者募集が国内向けに開始

  8. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  9. コンバットオンライン『War Thunder』国内向けサービス内容が公開―豪華声優もお披露目

  10. マルウェアが仕込まれた偽『ポケモンGO』見つかる―McAfeeが注意喚起

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top