もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に

ゲーム文化 カルチャー

もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に
  • もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に
もし『Call of Duty』が日本製だったらどんなゲームになるのかをイメージしたファンメイドのパッケージ画像が海外で注目を集めています。



海外サイト9GAGに投稿されたパッケージ画像に描かれているのはパワードスーツを身にまとった雄々しい兵士ではなく、なんとスクールユニフォームを着た可憐な黒髪の女の子です。ゲームタイトルは『Call of Oniichan: Advanced Imouto』。お兄ちゃん信仰、上級妹でもいうのでしょうか。特典として限定版タクティカル縞パンと拡張ニーソ、クラシックH&K制服が付属しており、ドリトス100ドル分の価値があります。

何より特筆すべき点はそのレーティング。”INCEST”(近親相姦)を意味するIレートです。さらにメディアのレビューコメントには、IGNから「この日本かぶれのクソは何事か(いい意味で)」。そして何故か「無料のドリトスがもらえるんじゃなかったの? どこにあるの」というホームレスの悲痛な叫びが添えられています。非常にハイセンスなオタクカルチャーのリスペクトといえるでしょう。
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 144 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

    『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

  2. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  3. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

    『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  4. 【レポート】リゾート地が酒場に!「ハースストーン冬季選手権」バハマ現地フォトレポ

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  7. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  8. これは貴重! 17年前の「Half-Life Mod Expo 2000」映像発掘

  9. 『スーパーマリオ』の世界に変貌した米国バーが素敵

  10. 太陽万歳!『DARK SOULS』“ソラール”がフィギュア化、燦然と輝くLED演出も!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top