もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に

ゲーム文化 カルチャー

もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に
  • もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に
もし『Call of Duty』が日本製だったらどんなゲームになるのかをイメージしたファンメイドのパッケージ画像が海外で注目を集めています。



海外サイト9GAGに投稿されたパッケージ画像に描かれているのはパワードスーツを身にまとった雄々しい兵士ではなく、なんとスクールユニフォームを着た可憐な黒髪の女の子です。ゲームタイトルは『Call of Oniichan: Advanced Imouto』。お兄ちゃん信仰、上級妹でもいうのでしょうか。特典として限定版タクティカル縞パンと拡張ニーソ、クラシックH&K制服が付属しており、ドリトス100ドル分の価値があります。

何より特筆すべき点はそのレーティング。”INCEST”(近親相姦)を意味するIレートです。さらにメディアのレビューコメントには、IGNから「この日本かぶれのクソは何事か(いい意味で)」。そして何故か「無料のドリトスがもらえるんじゃなかったの? どこにあるの」というホームレスの悲痛な叫びが添えられています。非常にハイセンスなオタクカルチャーのリスペクトといえるでしょう。
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 144 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【特集】LJL実況解説コンビeyesとRevolに訊く―「3年前の開幕戦も雪だった」

    【特集】LJL実況解説コンビeyesとRevolに訊く―「3年前の開幕戦も雪だった」

  2. 大波乱のLJL 2017春季開幕戦―DFM Zerost選手が驚異のプレイング!

    大波乱のLJL 2017春季開幕戦―DFM Zerost選手が驚異のプレイング!

  3. 『LIMBO』『INSIDE』のPlaydeadが新作発表!―独特のコンセプトアート

    『LIMBO』『INSIDE』のPlaydeadが新作発表!―独特のコンセプトアート

  4. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  5. 実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か

  6. 無人島でサバイバル生活!『Stranded Deep』がSteam早期アクセスで配信開始

  7. 可愛すぎる!『オーバーウォッチ』の「猫版」ハイライト・イントロ―海外ファンメイド映像

  8. 【このModがスゴイ】『The Witcher 3』絶対に取り逃さない!「Auto Loot」アイテム自動回収

  9. 擬人化ウサギの格闘ACT『Overgrowth』がβ段階に突入!―カンフー映画のようなバトルが特色

  10. チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top