もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に

ゲーム文化 カルチャー

もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に
  • もし『CoD』が日本製だったら…… ファンメイドのパッケージ画像が海外で話題に
もし『Call of Duty』が日本製だったらどんなゲームになるのかをイメージしたファンメイドのパッケージ画像が海外で注目を集めています。



海外サイト9GAGに投稿されたパッケージ画像に描かれているのはパワードスーツを身にまとった雄々しい兵士ではなく、なんとスクールユニフォームを着た可憐な黒髪の女の子です。ゲームタイトルは『Call of Oniichan: Advanced Imouto』。お兄ちゃん信仰、上級妹でもいうのでしょうか。特典として限定版タクティカル縞パンと拡張ニーソ、クラシックH&K制服が付属しており、ドリトス100ドル分の価値があります。

何より特筆すべき点はそのレーティング。”INCEST”(近親相姦)を意味するIレートです。さらにメディアのレビューコメントには、IGNから「この日本かぶれのクソは何事か(いい意味で)」。そして何故か「無料のドリトスがもらえるんじゃなかったの? どこにあるの」というホームレスの悲痛な叫びが添えられています。非常にハイセンスなオタクカルチャーのリスペクトといえるでしょう。
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 144 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『人喰いの大鷲トリコ』ユーザーを見つめてくれるペーパークラフトが公開中

    『人喰いの大鷲トリコ』ユーザーを見つめてくれるペーパークラフトが公開中

  2. Ubisoftがドバイ巨大遊園地と提携、『アサクリ』『Just Dance』コラボも登場か

    Ubisoftがドバイ巨大遊園地と提携、『アサクリ』『Just Dance』コラボも登場か

  3. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

    インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

  4. 【PSX 16】PlayStation Experience 2016発表内容ひとまとめ

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 血も涙もない世界で生きるサイドスクロールRPG『LISA』がSteam Greenlightに登場

  7. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  8. ゲーマーに人気のAKRacingゲーミングチェアに座椅子タイプの新モデル『極坐』が登場

  9. ご近所侵入ACT『Hello, Neighbor!』キックスタート!創造力を刺激する一人称ステルス作

  10. 人気インディーRPG『Undertale』特製アートブックが海外で発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top