“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『FF』の生みの親、坂口博信氏がGDC 2015で生涯功績賞を受賞

February 04, 2015(Wed) 18:42 / by G.Suzuki

RPG『FINAL FANTASY』シリーズを手掛けた坂口博信氏が、GDC 2015の第15回ゲームデベロッパーズチョイスアワーズで生涯功績賞を受賞しました。

第15回ゲームデベロッパーズチョイスアワーズにおける生涯功績賞の授賞式は、GDC 2015が開催される米国サンフランシスコのモスコーニ・コンベンション・センターで3月4日に実施される予定です。

坂口博信氏は、1983年から2003年までスクウェアに在籍し、現在はミストウォーカーのCEOを務めるゲームクリエイター。スクウェア在籍時は『FINAL FANTASY XII』までの『FINAL FANTASY』シリーズや『FF』スピンオフの『チョコボの不思議なダンジョン』、『FINAL FANTASY TACTICS』をはじめ、多様なタイトルを手掛けました。スクウェア退社後に設立されたミストウォーカーからは、『ブルードラゴン』や『ロスト オデッセイ』、『ラストストーリー』、そして最新作であるRPG『TERRA BATTLE』を手掛けています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2015年2月4日 19:51:59 ID: UzqFs6for6OX
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    PS4で起死回生するべき。
    まだこの人が作ったRPGには大きな価値がある。

  • 2015年2月4日 18:48:50 ID: PHk21BBVA2Mm
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    ブルードラゴンとロストオデッセイは惜しかったなぁ。
    あれ程直球で良く出来てたJRPGは中々無いのに。

  • 2015年2月4日 19:27:59 ID: CdHQ92kWDlFm
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    最新作はスマホなんか・・・
    ブルドラは最近にない熱血主人公で好きだったな
    ロスオデはPSのFFやってるみたいな感覚だった

    最近のFFを叩いてる人はこっち買ってやればいいのに
    そしたらスマホじゃなくてちゃんとしたRPGの新作が出てたのに

    本当に残念

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 39 件

no image