“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

英国11歳少年が50万円以上をGoogle Playに課金、責任は誰にあるのか議論勃発

英国11歳少年が50万円以上をGoogle Playに課金、責任は誰にあるのか議論勃発

May 26, 2015(Tue) 10:43 / by Daisuke Sato


英国の11歳の少年が、Google Playで3000ポンド(約56万円)にものぼる課金を行い母親の口座の残金をゼロにしたと英ガーディアン紙が報じ、その責任の是非について海外のネットユーザー間で議論が起こっています。

英国のストックポートに住む11歳のニック君は、家族で共有しているGoogle Nexusタブレットを使い、様々な有料アプリの購入や、『Top Eleven - フットボールマネージャー』『クラッシュ・オブ・クラン』などのアプリ内課金を繰り返しました。ひとつひとつは少額でしたが、2ヶ月間に数十回の課金を繰り返した結果、タブレットに登録されていた母親のペニーさんのデビットカードに3000ポンドの請求が発生。彼女が銀行口座を確認した時には残高がゼロになっており、銀行手数料まで発生する事態になりました。ペニーさんは、口座が空になっていたことをハッカーの仕業ではないかと恐ろしくなりカードを停止しましたが、ほどなく息子のニック君の仕業であったことがわかりました。

ペニーさんは、しっかりして頼れる息子であるニック君がこのような課金を行ったのは、ワンクリック操作で有料のものを購入できてしまうGoogleのシステムに問題があるのだとメディアの取材で不満を漏らし、ニック君の祖父にあたるトムさんもこの件でGoogleに苦情の連絡をしたことから、海外ネットユーザーの間では責任は子供を管理する親にあるのか、Googleにあるのかという議論が交わされています。

海外のネットフォーラムNeoGAFでは、Androidにはペアレンタルコントロールで家族が一部のアプリを制限できることもあり、パスワードを設定していなかった親に責任があるのではという意見や、このようなトラブルに備えてGoogleも簡単に返金処理できる体制が必要なのではという様々な声が上がっているようです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2015年5月26日 11:23:31 ID: 6EGrVgwoPu/W
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    「悪い」のと「責任の一端がある」のは違うよ。
    やらかしたのはその子供だし、その子を教育できなかったのはその親だけど、この手のゲームの仕組みというかUIにも問題があると思うな。
    課金ゲームってわざと「当月の課金金額」を出さないよね。これを出すだけで大分歯止めが効くのに、感覚を麻痺させようとしてるの見え見えじゃない。

  • 2015年5月26日 11:14:08 ID: JXF6PW8AzAz4
    2 FPS児さん
    通報する

    全員愚か者って印象だけど、責任の大きさからするとGoogleとゲーム?会社が問題かな。
    テクノロジーに疎い人を保護するんじゃなく、仕組みをよくわからせないままにして、金や時間をかすめ取れればラッキー的なスタンスでやってる。その根性を叩き直す必要があると思う。

  • 2015年5月26日 11:53:24 ID: oQ+gPK7Z16/V
    10 スパくんのお友達さん
    通報する

    まぁこういう躓くバカをひたすら待ち続けて搾り上げるシステムを全世界レベルでまかり通しちゃってるのは問題だわな
    やってる本質は老人だますオレオレ詐欺なんかと変わらん

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 44 件

no image