英国11歳少年が50万円以上をGoogle Playに課金、責任は誰にあるのか議論勃発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

英国11歳少年が50万円以上をGoogle Playに課金、責任は誰にあるのか議論勃発

PC 基本プレイ無料

英国11歳少年が50万円以上をGoogle Playに課金、責任は誰にあるのか議論勃発
  • 英国11歳少年が50万円以上をGoogle Playに課金、責任は誰にあるのか議論勃発

英国の11歳の少年が、Google Playで3000ポンド(約56万円)にものぼる課金を行い母親の口座の残金をゼロにしたと英ガーディアン紙が報じ、その責任の是非について海外のネットユーザー間で議論が起こっています。

英国のストックポートに住む11歳のニック君は、家族で共有しているGoogle Nexusタブレットを使い、様々な有料アプリの購入や、『Top Eleven - フットボールマネージャー』『クラッシュ・オブ・クラン』などのアプリ内課金を繰り返しました。ひとつひとつは少額でしたが、2ヶ月間に数十回の課金を繰り返した結果、タブレットに登録されていた母親のペニーさんのデビットカードに3000ポンドの請求が発生。彼女が銀行口座を確認した時には残高がゼロになっており、銀行手数料まで発生する事態になりました。ペニーさんは、口座が空になっていたことをハッカーの仕業ではないかと恐ろしくなりカードを停止しましたが、ほどなく息子のニック君の仕業であったことがわかりました。

ペニーさんは、しっかりして頼れる息子であるニック君がこのような課金を行ったのは、ワンクリック操作で有料のものを購入できてしまうGoogleのシステムに問題があるのだとメディアの取材で不満を漏らし、ニック君の祖父にあたるトムさんもこの件でGoogleに苦情の連絡をしたことから、海外ネットユーザーの間では責任は子供を管理する親にあるのか、Googleにあるのかという議論が交わされています。

海外のネットフォーラムNeoGAFでは、Androidにはペアレンタルコントロールで家族が一部のアプリを制限できることもあり、パスワードを設定していなかった親に責任があるのではという意見や、このようなトラブルに備えてGoogleも簡単に返金処理できる体制が必要なのではという様々な声が上がっているようです。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 44 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 海外版くにおくん新作『River City Ransom: Underground』Steam配信!―日本語にも対応

    海外版くにおくん新作『River City Ransom: Underground』Steam配信!―日本語にも対応

  2. 牧場シミュ『Stardew Valley』発売から1周年、貴重な開発版スクリーンショットを披露

    牧場シミュ『Stardew Valley』発売から1周年、貴重な開発版スクリーンショットを披露

  3. マルチプレイ海戦FPS『Blackwake』Steam早期アクセス!―酒飲みながら大混戦

    マルチプレイ海戦FPS『Blackwake』Steam早期アクセス!―酒飲みながら大混戦

  4. 人気牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語版ベータテスト開始!―フォントの雰囲気も再現

  5. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  6. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外ゲームプレイ!4人Co-opからキャラカスタマイズまで

  7. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

  8. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  9. 2Dサイバーパンク『The Last Night』海外発表―ネオン眩いオープンワールド

  10. マニアックすぎる車人生シム『My Summer Car』が早期アクセス!―90年代フィンランドが舞台

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top