ハードコアゲーマーのためのWebメディア

11ハード対応のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」10月発売決定、予約開始

ニュース 発表

11ハード対応のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」10月発売決定、予約開始
  • 11ハード対応のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」10月発売決定、予約開始
サイバーガジェットは、ファミリーコンピュータやゲームボーイ、またPCエンジンやGENESISなど、国内外でリリースされたレトロゲームソフトに対応する互換機「レトロフリーク」を10月に発売すると決定し、予約受付を開始しました。

全11ハードに対応する、これまでにない幅広さを持つ「レトロフリーク」は、HDMI端子接続も備え、また本体でのセーブや「どこでもセーブ」機能も搭載。更にインストールも可能としており、「懐かしのゲームを今遊ぶ」にはうってつけのハードとなっています。

発表当時から大きな注目を集めてきた「レトロフリーク」ですが、待望されていた発売時期が明らかとなり、2015年10月にリリースするとのこと。また今回の発表に合わせ、予約受付も開始されました。気になる価格は、「レトロフリーク本体、カートリッジアダプター、コントローラー×1、HDMIケーブル、ACアダプター」からなるセットが21,600円(税込)。そこに、純正コントローラーが使用できる「コントローラーアダプター」を加えたセットは、24,840円(税込)となります。

なお公式通販サイトでは、本体セットだけでなく、「コントローラーアダプター」(6,480円)や「レトロフリーク標準コントローラー」(2,160円)も単品販売しています。後から買い足すことも可能ですが、「コントローラーアダプター」はセットされたものの方が価格的にはお得となっています。予約を申し込む方は、充分チェックしてからご判断ください。



■サイバーガジェット オンラインショップ
http://cybergadget.shop-pro.jp/

■レトロフリーク 特設サイト
http://www.cybergadget.co.jp/retrofreak/

Copyright (C) 2015 CYBER Gadget Corporation. All Rights Reserved.

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 40 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

    『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  4. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  5. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  6. PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

  7. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  8. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

  9. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  10. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top