ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

幻の任天堂版「PlayStation」が海外で発見!―CD-ROMを搭載したスーパーファミコン

幻の任天堂版「PlayStation」が海外で発見!―CD-ROMを搭載したスーパーファミコン

July 04, 2015(Sat) 09:46 / by RIKUSYO


ベテランゲーマーであれば一度は耳にしたことがあるかも知れない、ソニーと任天堂が共同開発していたCD-ROM搭載スーパーファミコンこと「PlayStationプレイステーション)」。すったもんだの末に結局お蔵入りしてしまった本機は「幻のPlayStation」とも呼ばれていますが、その試作機が海外で発見! 貴重な写真が数枚公開されています。


投稿者によればこの試作機は、彼の父親の同僚であった元任天堂社員のOlaf氏(※)が持っていたものなのだそうです。動作確認は行われておらず、付属のカートリッジにも何が入っているか分からないとのこと。これまでネット上ではいくつかの画像が見つかっていたものの、実際には世に出回っていないと思われていた任天堂版PlayStation。今回の発見はゲームの歴史に新たな1ページを加えるかもしれません。

※このOlaf氏は元任天堂社員ではなく、当時Sony Interactive Entertainmentの社長兼CEOで、任天堂との契約や1994年発売の初代PlayStationに密接に関わっていたOlaf Olafsson氏ではないかと推測されています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2015年7月4日 10:12:42 ID: XxW2gT88X2iy
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    もしこれが発売され、その後も両社が良好な関係だったら
    ゲハも存在しなく、平和な世界だったのかもしれないのか…

  • 2015年7月4日 13:33:01 ID: Kb76go8H2NKs
    24 スパくんのお友達さん
    通報する

    家庭用ゲーム業界の足を引っ張り続けるゲハとゲハ脳は滅んで欲しい

  • 2015年7月4日 10:34:28 ID: Cy/REb9wdBsN
    7 スパくんのお友達さん
    通報する

    ここで酷い裏切りしてなければ64時代からの暗黒期もなかっただろうし、
    そもそもソニーが自ら参入してくることもなかったろうな

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 52 件

no image