ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『ニード・フォー・スピード』最新作の国内向け発売日が決定!オープンワールドを駆け抜けろ

『ニード・フォー・スピード』最新作の国内向け発売日が決定!オープンワールドを駆け抜けろ

July 31, 2015(Fri) 12:00 / by 秋夏


エレクトロニック・アーツは、Ghost Gamesと共同開発を行っているシリーズ最新作『ニード・フォー・スピード(Nees For Speed)』の国内向け発売日を11月12日に決定しました。

本作では、アメリカ西海岸都市部を舞台に構築されたオープンワールドでストリートレーサーの頂点を目指します。大きな特徴として、勝利条件の異なる5種類のプレイモード「スピード」「スタイル」「ビルド」「クルー」「アウトロー」が存在。自分の好きな方法で名声を高められます。

また、初回特典として同梱されるダウンロードコード「スタイリング・パック」には限定品の「スタイリング」ステッカー、スポイラー、リム、スプリッターが含まれており、他のプレイヤーとは一味違った外観のマシンに変身可能です。

『ニード・フォー・スピード』はPS4/Xbox One/PCを対象に発売予定。EAのオンライン販売サイトOriginではデジタル版の予約受付を行っており、価格はPC版デラックス版が9,504円(税込)、PC通常版が8,424円(税込)です。なお、PS4/Xbox One版の価格は今のところ明らかになっていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2015年7月31日 13:05:21 ID: LDKmmcDxZ8DX
    6 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>1
    そもそも他所の国でいくらで販売されているかは関係ない
    そんな事を言ったらヨーロッパはどうなる
    通常版が69.99ユーロ(約9500円)だぞ

  • 2015年7月31日 14:12:23 ID: iEBHLrRQiFs/
    9 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>6の書き込み見て国内価格がやけに高い理由が分かった。消費税だ
    SteamやOriginみたいな国外事業者のデジタルコンテンツ販売も10月から消費税の課税対象になるわけで
    消費税を考慮すると、少なくともデラックス版は現在の為替レートベースでも妥当な価格になる

    欧州の価格が高いのはVAT(付加価値税、日本の消費税に相当)のせいだろう。Steamでも欧州ユーザにはVATを適用している

  • 2015年7月31日 12:32:21 ID: iEBHLrRQiFs/
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    $59.99→¥ 8,424
    $69.99→¥ 9,504

    いくら円安だからってあり得ない搾取

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

no image