精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!

ゲーム文化 インディーゲーム

精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!
  • 精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!
  • 精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!
  • 精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!

Steamにて、ゲームデベロッパーFlying Mollusk開発のバイオフィードバック対応ホラーゲーム『Nevermind』正式版がリリースされました。「プレイヤーの心拍数を計測する」というユニークなギミックを特色としています。

2014年2月に発表され、VR技術と共に盛り上がりを見せつつある「バイオフィードバック」をゲームメカニックとして取り入れた『Nevermind』。トラウマを抱えた患者の精神に入り込むという医療SF的シナリオやその悪夢的世界観が好評を博し、『Kerbal Space Program』や『Armello』と並びながらIndieCade 2015ノミネート作品として選出されるほどの人気を獲得していました。



早期アクセスタイトルとして配信されて以来いくつかの追加要素やバグフィックスを含むアップデートを続けてきた本作は、Steamを通して通常価格1,980円で販売中。現在はスペシャルプロモーション価格として10%オフで提供されています。また、開発元Flying Molluskは他プラットフォームへ向けた配信や心拍センサーへの対応を検討しながら、今後もアップデートを継続していくと伝えています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【PSX 16】PlayStation Experience 2016発表内容ひとまとめ

    【PSX 16】PlayStation Experience 2016発表内容ひとまとめ

  2. 「Capcom Cup 2016」発表内容&大会結果ひとまとめ

    「Capcom Cup 2016」発表内容&大会結果ひとまとめ

  3. PewDiePieが自身のYouTubeチャンネル削除を予告

    PewDiePieが自身のYouTubeチャンネル削除を予告

  4. ギレルモ・デル・トロ監督がコナミを痛烈批判―小島監督めぐり

  5. ドイツに世界初の「ゲームアイテム取引所」が誕生へ―推定市場は約5兆円に

  6. アフリカ原住民になってサバイバル!『Voodoo』Kickstarter開始

  7. 『FIFA 17』飛行機墜落事故に巻き込まれた「シャペコエンセ」キットが無料配布

  8. フルCG映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』がSteamで配信―字幕/吹替も販売

  9. 【TGA 16】The Game Awards 2016発表内容ひとまとめ

  10. ライトニングは実在した…?あまりにも本気すぎる『FF13』コスプレ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top