精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!

ゲーム文化 インディーゲーム

精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!
  • 精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!
  • 精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!
  • 精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!

Steamにて、ゲームデベロッパーFlying Mollusk開発のバイオフィードバック対応ホラーゲーム『Nevermind』正式版がリリースされました。「プレイヤーの心拍数を計測する」というユニークなギミックを特色としています。

2014年2月に発表され、VR技術と共に盛り上がりを見せつつある「バイオフィードバック」をゲームメカニックとして取り入れた『Nevermind』。トラウマを抱えた患者の精神に入り込むという医療SF的シナリオやその悪夢的世界観が好評を博し、『Kerbal Space Program』や『Armello』と並びながらIndieCade 2015ノミネート作品として選出されるほどの人気を獲得していました。



早期アクセスタイトルとして配信されて以来いくつかの追加要素やバグフィックスを含むアップデートを続けてきた本作は、Steamを通して通常価格1,980円で販売中。現在はスペシャルプロモーション価格として10%オフで提供されています。また、開発元Flying Molluskは他プラットフォームへ向けた配信や心拍センサーへの対応を検討しながら、今後もアップデートを継続していくと伝えています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

    ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

  2. これはゲームじゃありません!?パルクールを上空から撮ったオシャレ映像

    これはゲームじゃありません!?パルクールを上空から撮ったオシャレ映像

  3. 『ARK: Survival Evolved』のポケモンModがSteamワークショップに投稿される

    『ARK: Survival Evolved』のポケモンModがSteamワークショップに投稿される

  4. 感染者は誰だ!『Deceit』正式配信日決定―疑惑の偽りマルチシューター

  5. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  6. 人気RPG『Undertale』で締めくくり―がん防止チャリティイベントの寄付額が220万ドル突破

  7. 伊藤潤二に影響受けたポーランド産ホラー『恐怖の世界』―αプロトタイプが配信

  8. 初代『Doom』改造エンジン「ZDoom」19年の歴史に幕下ろす

  9. タワーディフェンス『Defense Grid』がボードゲーム化!Kickstarter計画中

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top