ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他

ゲーム文化 カルチャー

海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
大手海外ゲームメディアGameInformerより、シングル用キャンペーンやマルチプレイモード、収録武器の魅力や「シューティング感」にもフォーカスを当てた「2015 Shooter of the Year Awards」が発表されました。選出されているのは『Destiny: The Taken King』、『STAR WARS バトルフロント(Star Wars Battlefront)』など。昨年話題になったラインナップが様々な角度から評価されています。
  • スプラトゥーン』(Best Campaign / Best Setting)


  • STAR WARS バトルフロント』(Best Graphics)


  • Rainbow Six Siege』(Best Audio / Best Multiplayer Map: Chalet)


  • Call of Duty: Black Ops III』(Best Competitive Multiplayer)


  • Destiny: The Taken King』(Best Character: Cayde-6 / Best Weaponry / Best Gunplay / Best Cooperative Multiplayer / Shooter of the Year)

見事GIの「シューター・オブ・ザ・イヤー」に輝いたのは大型拡張コンテンツを加えた『Destiny: The Taken King(降り立ちし邪神)』。Co-op部門のみならず、キャラクターの魅力やクラス専用新スキル、オートエイムの加減なども称賛されています。国内からは任天堂の『スプラトゥーン』も選ばれており、ポップな舞台設定と『マリオ』風とも評されるボス戦の楽しさが決め手となっていたようです。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 英雄は死なず…Blizzardが他界した『オーバーウォッチ』ファンをゲーム内で称える

    英雄は死なず…Blizzardが他界した『オーバーウォッチ』ファンをゲーム内で称える

  2. 【このModがスゴイ】『S.T.A.L.K.E.R. Lost Alpha』単体で無料プレイ可能!

    【このModがスゴイ】『S.T.A.L.K.E.R. Lost Alpha』単体で無料プレイ可能!

  3. 『オーバーウォッチ』でバスケットボールをゴールに入れると…?

    『オーバーウォッチ』でバスケットボールをゴールに入れると…?

  4. PC『シルバー事件』HDリマスター版が「BitSummit」へプレイアブル出展―オリジナルステッカーもプレゼント!

  5. ゲーム世界が舞台のディズニー映画「シュガー・ラッシュ」の続編が正式発表!―コンセプトアートも披露

  6. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  7. 直視できない!?セクシーすぎる『ウィッチャー3』サキュバスコスプレ

  8. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  9. 終末世界を列車で旅する『The Final Station』30分ゲームプレイ

  10. 『ファイナルファンタジー7』のモノポリーが海外向けに発表―ミッドガルに魔晄炉建設!

アクセスランキングをもっと見る

page top