ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他

ゲーム文化 カルチャー

海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
  • 海外サイトが選ぶ『シューター・オブ・ザ・イヤー 2015』―『Destiny』『スプラトゥーン』他
大手海外ゲームメディアGameInformerより、シングル用キャンペーンやマルチプレイモード、収録武器の魅力や「シューティング感」にもフォーカスを当てた「2015 Shooter of the Year Awards」が発表されました。選出されているのは『Destiny: The Taken King』、『STAR WARS バトルフロント(Star Wars Battlefront)』など。昨年話題になったラインナップが様々な角度から評価されています。
  • スプラトゥーン』(Best Campaign / Best Setting)


  • STAR WARS バトルフロント』(Best Graphics)


  • Rainbow Six Siege』(Best Audio / Best Multiplayer Map: Chalet)


  • Call of Duty: Black Ops III』(Best Competitive Multiplayer)


  • Destiny: The Taken King』(Best Character: Cayde-6 / Best Weaponry / Best Gunplay / Best Cooperative Multiplayer / Shooter of the Year)

見事GIの「シューター・オブ・ザ・イヤー」に輝いたのは大型拡張コンテンツを加えた『Destiny: The Taken King(降り立ちし邪神)』。Co-op部門のみならず、キャラクターの魅力やクラス専用新スキル、オートエイムの加減なども称賛されています。国内からは任天堂の『スプラトゥーン』も選ばれており、ポップな舞台設定と『マリオ』風とも評されるボス戦の楽しさが決め手となっていたようです。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 利用者の趣向に合ったゲームを選んでくれるサイト「Letme.AI」

    利用者の趣向に合ったゲームを選んでくれるサイト「Letme.AI」

  2. 『LoL』国際大会「IWCQ 2016」予選終了、日本代表は5位敗退

    『LoL』国際大会「IWCQ 2016」予選終了、日本代表は5位敗退

  3. 悪夢のインディー新作『Year Of The Ladybug』初トレイラーが1週間延期

    悪夢のインディー新作『Year Of The Ladybug』初トレイラーが1週間延期

  4. 海外ユーザーが『ポケモンGO』をドリキャス「ビジュアルメモリ」に強引移植中

  5. イタリア美女が贈る『FF7』ティファのセクシーコスプレショット!

  6. 新海誠監督作「君の名は。」に『メタルギアソリッド』がチラリ―あのセガサターンも?

  7. 【CEDEC 2016】『バイオハザード7』VR化への道のり...全編完全対応への難しさ語る

  8. 『Deus Ex』主人公アダムの「腕」を再現!ロケットにテーザー、ナイフ射出まで搭載

  9. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  10. もしも『オーバーウォッチ』のヒーローが犬だったら?―元Naughty Dogアーティストが描くワンダフルなファンアート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top