ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国内版『ライフ イズ ストレンジ』の修正箇所が発表―落書きの「ち○○」が「う○○」に変更

ニュース 発表

国内版『ライフ イズ ストレンジ』の修正箇所が発表―落書きの「ち○○」が「う○○」に変更
  • 国内版『ライフ イズ ストレンジ』の修正箇所が発表―落書きの「ち○○」が「う○○」に変更

2016年3月3日に発売予定となっている国内版『ライフ イズ ストレンジLife is Strange)』ですが、スクウェア・エニックスは海外版からの修正箇所を発表しました。発表によれば、落書きなどゲーム内オブジェクト数点の内容を変更しているとのことで、国内公式Twitterでは具体的な変更をイメージ画像で伝えています。


修正箇所はマップの端にある落書き等で、全編を通して10ヶ所以下。イメージを崩さないよう開発元のDONTNOD Entertainmentと綿密にやり取りし、確認後に実装したそうです。




スクウェア・エニックスのローカライズディレクター西尾勇輝氏は、Twitterで「ご安心ください!唯一の変更はち○○がう○○になっただけですよ!」と力強く語っています。なお、音声と字幕に関しては、いずれもゲーム内から切り替えが可能とのことです。

《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 48 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

    PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

  2. モリニュー氏手がける『Godus』のリードデザイナーが離脱―開発停止が囁かれるも22cansは否定

    モリニュー氏手がける『Godus』のリードデザイナーが離脱―開発停止が囁かれるも22cansは否定

  3. PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

    PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

  4. 『Batman: Return to Arkham』海外発売が延期―新たな発売日も未定に

  5. 『E3 2016現地レポート』TOP20―小島監督『バイオ7』『BF1』『Days Gone』他

  6. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定!

  7. F2PメックFPS『Hawken』のPS4版がとうとう海外配信日決定

  8. 自動車企業フォード特約店、インディーゲーム画像を盗用か―本社は関連を否定

  9. 狂気の話題作『Year Of The Ladybug』初のトレイラーまもなく公開

  10. 『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

アクセスランキングをもっと見る

page top