“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『リーグ・オブ・レジェンド』国内CBTが2月上旬より実施―ライアットが「LJL 2016開幕戦」で発表

『リーグ・オブ・レジェンド』国内CBTが2月上旬より実施―ライアットが「LJL 2016開幕戦」で発表

January 17, 2016(Sun) 11:30 / by subimago


ライアットゲームズは、『リーグ・オブ・レジェンド』日本プロリーグ「LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE 2016(LJL2016)」開幕戦に先んじて行ったプレゼンテーションの中で、日本国内向けクローズドベータテスト2月上旬より実施すると発表しました。

参加申し込みは1月22日(金)から1月30日(土)にかけて受け付け予定。国内版公式Webサイト(http://jp.leagueoflegends.com/ ※募集開始時にページ公開)より応募できます。なお、本CBTは参加人数を限定して行われるとのことです。


また、ライアットゲームズ齋藤ディレクターはQ&Aセッションの中で、『リーグ・オブ・レジェンド』国内版の準備に関して「順調に進んでいる」とも報告。国内e-Sportsシーンに更なる追い風を吹かせるであろう「LJL 2016 Challenger Series」は「全試合オンライン」「NAサーバー/最新パッチ」で進められることも明かされました。

あわせて「第67回 さっぽろ雪まつり」会場に『League of Legends』登場チャンピオンの雪像を設置する豪気な企画も告知。2月5日から2月11日にかけ、札幌大通公園西7丁目会場「HBC広場」に展示される予定です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


評価の高いコメント

  • 2016年1月17日 21:04:45 ID: KKnnMDwN2op9
    5 バカボットさん
    通報する

    >>2
    >格ゲーはウメハラ筆頭にブランド化に成功してるけど

    >>3
    >格ゲーとかビジネスモデルが出来てないでしょ

    選手がブランド化した時点で、ビジネスモデルとして成功してることが分かってない。
    つい最近だとGODSGARDEN所属のかずのこが良い例。
    世界大会優勝後に、スポンサーのG-Tuneが記念の特別セールを行った。
    プロゲーマーによる有料対戦会も、GODSGARDENモデルのPCも、プレイヤーに人気があるから出来るプロモーションな訳。
    ウメハラの講演と著述業もビジネスモデルの一つ。

    >周辺機器の需要もたいしてないから
    >賞金出すのはほとんどゲームメーカーだし

    EVO(格ゲーの世界大会)の賞金は参加費から捻出されるものだし、The International(Dota2の世界大会)の高額賞金は課金アイテムの売り上げの25%から出たものだ。
    賞金の肝は周辺機器メーカーではない。

    「賞金を提供してまで自社を宣伝したい」とスポンサーに思わせるのが大事、という話なら格ゲーもMOBAも共通してはいる。

  • 2016年1月17日 15:53:19 ID: DqqvGakuD46s
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    おせーよ!
    でも日程がだいぶ具体的になってきて嬉しい

  • 2016年1月17日 14:22:46 ID: /8HiUNSky/Wc
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    格ゲーとかビジネスモデルが出来てないでしょ
    周辺機器の需要もたいしてないから
    賞金出すのはほとんどゲームメーカーだし

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

no image