PC版『Quantum Break』最小動作環境はWindows 10とi5-4460から―システム要件発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『Quantum Break』最小動作環境はWindows 10とi5-4460から―システム要件発表

PC Windows

PC版『Quantum Break』最小動作環境はWindows 10とi5-4460から―システム要件発表
  • PC版『Quantum Break』最小動作環境はWindows 10とi5-4460から―システム要件発表
国内向けにもPC版のリリースが決まったRemedyのアクションアドベンチャー『Quantum Break』ですが、システム要件がRemedy公式サイトに掲載されています。

    ■最小動作環境

    OS: Windows 10 (64-bit)
    DirectX: 12
    CPU: Intel Core i5-4460、2.70GHz又はAMD FX-6300
    GPU: NVIDIA GeForce GTX 760 又はAMD Radeon R7 260x
    VRAM: 2GB
    RAM: 8GB

    ■推奨動作環境

    OS: Windows 10 (64-bit)
    DirectX: 12
    CPU: Intel Core i5 4690, 3.9GHz又は同等のAMDプロセッサー
    GPU: NVIDIA GeForce GTX 970又はAMD Radeon R9 390
    VRAM: 4GB
    RAM: 16GB

    ■ウルトラ設定に求められる動作環境

    OS: Windows 10 (64-bit)
    DirectX: 12
    CPU: Intel Core i7 4790, 4GHz 又は同等のAMDプロセッサー
    GPU: NVIDIA GeForce GTX 980 Ti又はAMD Radeon R9 Fury X
    VRAM: 6GB
    RAM: 16GB

この動作環境では、最小/推奨/ウルトラにおいて比較的新しいHasswell世代(4000番台)のインテルCoreプロセッサーと、Kepler世代のGTX 760とMaxwell第2世代のGTX 970/980TiのGPUを要求していることに注目です。また、対応OSがWindows 10となっているので本作のPC版の購入を考えているPCゲーマーは、システム要件の詳細と自PCスペックなどを確認しておきましょう。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 62 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 狂気の深淵へ…『Call Of Cthulhu』ダークな最新海外トレイラー

    狂気の深淵へ…『Call Of Cthulhu』ダークな最新海外トレイラー

  2. SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

    SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

  3. ドラゴンを捕獲! ファンタジーサンドボックス『Dark and Light』最新映像

    ドラゴンを捕獲! ファンタジーサンドボックス『Dark and Light』最新映像

  4. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  5. ラヴクラフトゲー『Call of Cthulhu』最新ショット5枚!孤島に潜む狂気がそこに…

  6. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  7. Obsidianが新たなプロジェクト「Project Louisiana」を発表

  8. 対戦ストラテジー『Atlas Reactor』が完全F2P化!―シーズン2が開幕

  9. クトゥルフが目覚める…『Call of Cthulhu』新スクリーンショット

  10. クトゥルフゲー『Call Of Cthulhu』海外トレイラー遂に初公開―死の真相を暴け

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top