ハードコアゲーマーのためのWebメディア

何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート

ゲーム文化 Kickstarter

何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート
  • 何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート
  • 何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート
  • 何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート

2月11日に公開されたプレイスルー映像

インディーデベロッパーPentacleが開発を手掛けているサイコスリラー『The Works of Mercy』。本作のKickstarterキャンペーンが進行しています。


本作は、ロマン・ポランスキーの「Repulsion(反撥)」や「The Tenant(テナント/恐怖を借りた男)」を始め、スタンリー・キューブリックの「The Shining(シャイニング)」などの古典的なジャンルにインスパイアされたサイコロジカルスリラー。話の主軸は、一見ランダムに思われる不可解な殺人事件。本作ではプレイヤー自身が、その殺人犯となります。


殺人者となる主人公は、自身の家族を救うため、謎めいた存在から「殺人」を強要されます。主人公を苦しめる謎の存在は誰なのか、どうして彼は主人公の家族に対し復讐心を持っているのか、主人公は彼を満足させるためにどこまで殺さなければならないのか、誰かの命を救うために自分の殺人を正当化できるのか、そして、どう罪悪感に対処するのかがストーリーの大きなテーマとなります。


没入感の高いフォトリアルな世界を描いた本作では、Unreal Engine 4を採用。『Gone Home』や『P.T.』のような完全にインタラクティブな環境を探索できるようにしており、VRにもサポート予定とのことです。

15,000カナダドルの調達を目指している『The Works of Mercy』Kickstarterは、記事執筆時点で29日を残し、246人のバッカーから4,644カナダドルを支援されています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『League of Legends』ハッキング容疑の豪州男性が仮釈放、責任能力問われず

    『League of Legends』ハッキング容疑の豪州男性が仮釈放、責任能力問われず

  2. ゲーム世界が舞台のディズニー映画「シュガー・ラッシュ」の続編が正式発表!―コンセプトアートも披露

    ゲーム世界が舞台のディズニー映画「シュガー・ラッシュ」の続編が正式発表!―コンセプトアートも披露

  3. クールな脚線美!『Overwatch』トレーサーの本気コスプレ美女

    クールな脚線美!『Overwatch』トレーサーの本気コスプレ美女

  4. 終末世界を列車で旅する『The Final Station』30分ゲームプレイ

  5. VRゲーム版「ゴーストバスターズ」米観光地に登場―最大3人で幽霊退治!

  6. 直視できない!?セクシーすぎる『ウィッチャー3』サキュバスコスプレ

  7. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  8. 映画『ウォークラフト』本編映像をゲムスパ独占公開!―オークと人間が手を取り合う

  9. 『ファイナルファンタジー7』のモノポリーが海外向けに発表―ミッドガルに魔晄炉建設!

  10. 伝染病シミュ『Plague Inc.』にて「EU脱退」が大流行―今、最も多い病名に

アクセスランキングをもっと見る

page top