トッド・ハワード、『Fallout Shelter』に続くモバイル展開に意欲 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

トッド・ハワード、『Fallout Shelter』に続くモバイル展開に意欲

アプリゲーム iOS

トッド・ハワード、『Fallout Shelter』に続くモバイル展開に意欲
  • トッド・ハワード、『Fallout Shelter』に続くモバイル展開に意欲
  • トッド・ハワード、『Fallout Shelter』に続くモバイル展開に意欲
  • トッド・ハワード、『Fallout Shelter』に続くモバイル展開に意欲

Fallout』スピンオフタイトルとして、2015年6月よりリリースされたモバイル向け作品『Fallout Shelter』。配信開始から2週間で「6億円以上の収益」を上げ、48ヶ国のApp Storeゲームランキングで首位に君臨するほどの勢いを見せた本作について、Bethesda Game Studiosディレクターのトッド・ハワード氏が言及。同スタジオが考えるモバイルゲームへの意欲についても明かしています。

トッド・ハワード氏がGameSpotに語ったところによれば、『Fallout Shelter』のリリース計画には「Bethesdaにふさわしいタイトルになり得るのか」という懸念があった模様。スタジオ内でも議論が交わされていたとのことですが、『Fallout Shelter』の成功やモバイルゲーム市場の隆盛を見た上で、「私達は(このマーケットで)特別なものを打ち出せた」「(モバイルゲームの配信を)更に行っていきたい」と、今後の展開に意欲的な意見を述べています。


ハワード氏は更なるモバイルゲームのリリース予定や計画について具体的なコメントを伝えていないものの、GameSpotはBethesdaの今後の展開について、『Fallout Shelter』のようなスピンオフ作品および新フランチャイズの立ち上げに向けて動く可能性があると見ています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 21 件

編集部おすすめの記事

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』全世界6億5,000万DL突破も勢いは減少傾向か―海外報道

    『ポケモンGO』全世界6億5,000万DL突破も勢いは減少傾向か―海外報道

  2. 「売れるためのUI/UX」とは―『オルガル』『戦国炎舞』などを手掛けたサイバーエージェントのセミナーが実施

    「売れるためのUI/UX」とは―『オルガル』『戦国炎舞』などを手掛けたサイバーエージェントのセミナーが実施

  3. 【特集】『ぶっ飛んだ発想の無料ゲームアプリ』10選

    【特集】『ぶっ飛んだ発想の無料ゲームアプリ』10選

  4. 『ポケモンGO』今週末に『ポケモン 金・銀』のポケモンが追加!新アイテムや着せかえ機能の充実なども

  5. iOS/Android『テラフォーマーズ バスターズ -進化の雛形-』正式発表! 今秋配信予定

  6. 『どこでもいっしょ』『パラッパラッパー』『ぼくのなつやすみ』の3シリーズがスマホ向けに展開決定

  7. ポケモンは公園に立入禁止?米公園が『ポケモンGO』AR配置に「許可料」求める

  8. iOS版『The Binding of Isaac: Rebirth』が配信開始!―たっぷり遊べる人気ローグライク

  9. Pip-Boyを徹底再現!Android版『Fallout 4』連携アプリが海外向けに配信

  10. あの国民的ゴルフゲームがスマホに!『みんゴル』2017年春配信決定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top