VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に

ゲーム機 VR

VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に
  • VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に
  • VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に
  • VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に
  • VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に
  • VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に
  • VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に
  • VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に
  • VRソフトウェア「Leap Motion Orion」提供開始―手だけであらゆる操作可能に

手を動かすだけで、あらゆるPCの操作を可能にする「Leap Motion」のVR開発者向けのディベロッパーキット「Leap Motion Orion」が公開され、話題を呼んでいます。

デバイスレスなPC操作を可能にするモーションキャプチャーツールとして一躍有名になった「Leap Motion」は、当初よりその実用性とコスパフォーマンスの高さに注目していたVR開発者たちによって、Oculus Riftを始めとしたVRデバイスと対をなすVRコントローラーとして愛用されて来ましたが、その開発は半ば非公式かつ特定のコミュニティによって口伝されるような形で運用され、近年では多数の競合他社が展開するVRコントローラーの登場により、混迷を極めつつありました。

この状況を憂いていたのか、先日ついに公式から本製品を使ったVR開発の敷居を低くし、統合すべく「Leap Motion Orion」のベータ版が公開となりました。

これにより「Leap Motion」の低遅延化がアンロックされ、より広く、素早く、正確なハンドトラッキングが可能となり、以前の製品で問題視されていた光や周囲の物体を誤認してしまうといった問題が大幅に改善されました。



実際に公式ページで公開されているUnityエンジンを使ったデモムービーでは、滑らかかつ繊細な指の動きに対応したシーンに加え、新しいゲームの可能性を提示するようなエポックな映像の数々が確認できます。

しかしその一方で、本ソフトウェアの登場とともに、Leap Motion搭載のPCの非対応を始め、ユーザーメイドを含める特定のツールがサポート外になるといった告知や、動作不能になるといったバグから、特定のゲームエンジン以外では、まだ動作が安定しないことが示唆されるなど、いくつかの既知の問題は多く、敷居の高さが窺えます。

現在、公式ページでは「Leap Motion」を99.99ドルで販売中。VRデバイスに取り付けられるマウントは19.99ドル、両方セットのバンドルは109.99ドルから。
「Leap Motion Orion」は特設ページからダウンロードできます。
《scarecrow》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 恐竜サバイバル『ARK』VRスピンオフ『ARK Park』プレイ映像―気分はまるでジュラシック?

    恐竜サバイバル『ARK』VRスピンオフ『ARK Park』プレイ映像―気分はまるでジュラシック?

  2. PS VR版『The Brookhaven Experiment』が発表!―全方位VRサバイバルシューター

    PS VR版『The Brookhaven Experiment』が発表!―全方位VRサバイバルシューター

  3. 任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

    任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

  4. 高速レースゲー『Trackmania Turbo』にVRアップデート配信!―PS VR/Vive/Oculusに対応

  5. 世界初の3画面ノートPC「Project Valerie」が発表!―Razerのコンセプトデザイン

  6. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  7. VRヘッドセット新型「Vive 2」がCESで発表との噂をHTCが否定

  8. 海外サイトが選ぶ『グラフィックの限界を押し上げた革新的ゲーム』TOP10

  9. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  10. 「VR元年に何が起こったのか?」―SIE吉田修平氏、新清士氏らパネルで語る

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top