“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『The Witcher』シリーズ累計販売本数2000万本到達―販売形態による収益差も判明

『The Witcher』シリーズ累計販売本数2000万本到達―販売形態による収益差も判明

March 11, 2016(Fri) 18:04 / by 秋夏


CD Projekt REDが開発を手掛け、2015年には『The Witcher 3: Wild Hunt』がリリースされた『The Witcher』シリーズ。本シリーズの累計販売本数が2000万本に到達したことが判明しました。

これは開発元CD Projekt REDが公開した最新のフィナンシャルレポート(pdf)により判明したもので、機種別、もしくは作品ごとの詳細な内訳は明らかになっていないものの、2000万本は『The Witcher』シリーズ3作品の合計とのことです。


CDPRの販売形態による収益比較

CD Projekt REDの収益を2011年と比べると、2015年にデジタル版から得られた収益は全体の61%を占めており、2011年の29%から倍増。さらに『The Witcher 3: Wild Hunt』を単体で見ても、パッケージ版とデジタル版の販売割合は、パッケージ版が68.4%、デジタル版が31.6%であるにもかかわらず、収益はパッケージ版が49.8%、デジタル版が50.2%と逆転しているという報告がなされています。


The Witcher 3: Wild Huntのデジタル/パッケージ版の収益割合(左)と販売割合(右)

また、このフィナンシャルレポートでは、同スタジオの戦略ロードマップも含まれています。詳細はこちらの記事を参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2016年3月11日 19:35:58 ID: vzgomJ/+rgQ5
    13 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>12
    パッケージ飾りたいやん?

  • 2016年3月11日 18:48:22 ID: WccslL3wbl3j
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>2
    だが!!FO4はゴミローカライズ!!!!!!

  • 2016年3月11日 19:40:05 ID: 8CIlkYreVTvk
    14 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>12
    棚にパッケージが並んでるのが好き
    ダウンロード版は便利だけど所有欲が満たされない

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 37 件

no image