ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」

ゲーム文化 カルチャー

海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」
  • 海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」

METAL GEAR SOLID』シリーズの海外版で主人公スネークを演じたDavid Hayter氏が、海外メディアGame InformerのPodcastにて、同シリーズの裏話を明かしました。

Hayter氏は、『METAL GEAR SOLID』シリーズのナンバリングタイトル(1~4)や『METAL GEAR SOLID:Peace Walker』のほか、PSP『METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS』などのスピンオフ作品でスネークを演じた俳優として知られています。

同氏によれば、2005年発売の『METAL GEAR SOLID 3: SNAKE EATER』の際、再オーディションを受けなければならなかったとのこと。その理由については明らかになっていないもののHayter氏は、シリーズの英語キャスティング・ボイスディレクターのKris Zimmerman氏より、他の人への置き換えが望まれている、と聞いたことを語っており、また小島監督はカート・ラッセルにもスネーク役を打診。結果的に断られていた、と説明しています。

また、Hayter氏はキーファー・サザーランドがスネークを演じた最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』とその前日譚『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』をプレイしたか、というファンの質問に対し、屈辱的な60時間になるためやりたくない、とする旨の返答を行っています。

そして最後には、「小島監督のことを尊敬しているし、素晴らしいゲームメーカーだ」、としたうえで、「彼の人となりは知らないし、ビジネスマンとしては感心できなかった」と語るHayter氏。今後の小島監督との仕事については「小島監督に対して特別な愛情は持っていないし、再び彼のために働く必要は無い」と話しました。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 122 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

    80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

  2. クラブ愛を示せる?『FIFA 17』ではパッケージを好きなクラブに換装可能

    クラブ愛を示せる?『FIFA 17』ではパッケージを好きなクラブに換装可能

  3. 赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

    赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

  4. 入魂インディー『Unworthy』開発中―ダークソウルの雰囲気も

  5. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」海外発表!

  6. ダンボール同士が殺しあう対戦シューター『What The Box?』インプレッション

  7. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  8. 海外カジノにてビデオゲーム型のギャンブルマシンが今秋登場!―第1弾はスキルベースのFPSに

  9. 自動車製造工場を管理する新作シム『Production Line』が発表―生産ラインを効率化!

  10. J・J・エイブラムスが映画版『Portal』計画に言及、「まもなく発表予定」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top