ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」

ゲーム文化 カルチャー

海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」
  • 海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」

METAL GEAR SOLID』シリーズの海外版で主人公スネークを演じたDavid Hayter氏が、海外メディアGame InformerのPodcastにて、同シリーズの裏話を明かしました。

Hayter氏は、『METAL GEAR SOLID』シリーズのナンバリングタイトル(1~4)や『METAL GEAR SOLID:Peace Walker』のほか、PSP『METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS』などのスピンオフ作品でスネークを演じた俳優として知られています。

同氏によれば、2005年発売の『METAL GEAR SOLID 3: SNAKE EATER』の際、再オーディションを受けなければならなかったとのこと。その理由については明らかになっていないもののHayter氏は、シリーズの英語キャスティング・ボイスディレクターのKris Zimmerman氏より、他の人への置き換えが望まれている、と聞いたことを語っており、また小島監督はカート・ラッセルにもスネーク役を打診。結果的に断られていた、と説明しています。

また、Hayter氏はキーファー・サザーランドがスネークを演じた最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』とその前日譚『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』をプレイしたか、というファンの質問に対し、屈辱的な60時間になるためやりたくない、とする旨の返答を行っています。

そして最後には、「小島監督のことを尊敬しているし、素晴らしいゲームメーカーだ」、としたうえで、「彼の人となりは知らないし、ビジネスマンとしては感心できなかった」と語るHayter氏。今後の小島監督との仕事については「小島監督に対して特別な愛情は持っていないし、再び彼のために働く必要は無い」と話しました。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 122 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「ゲームカセット」を持ち主へ…思い出を届けるサイト「名前入りカセット博物館」とは

    「ゲームカセット」を持ち主へ…思い出を届けるサイト「名前入りカセット博物館」とは

  2. LEGOで忠実再現の『オーバーウォッチ』バスティオンとゲンジ!

    LEGOで忠実再現の『オーバーウォッチ』バスティオンとゲンジ!

  3. 『オーバーウォッチ』ボリューム満点の女性版ロードホッグコスプレ!

    『オーバーウォッチ』ボリューム満点の女性版ロードホッグコスプレ!

  4. アサシンもシャウト!ユービーアイソフトのgamescom公式まとめ映像

  5. 『Destiny』ファン配信で50万ドル以上の募金額、Bungieスタッフにも波及

  6. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  7. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  8. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  9. もしも『オーバーウォッチ』のヒーローが犬だったら?―元Naughty Dogアーティストが描くワンダフルなファンアート

  10. 映画版「アサシンクリード」のトレイラーが遂に公開!―見事に再現された世界観

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top