海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」

ゲーム文化 カルチャー

海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」
  • 海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」

METAL GEAR SOLID』シリーズの海外版で主人公スネークを演じたDavid Hayter氏が、海外メディアGame InformerのPodcastにて、同シリーズの裏話を明かしました。

Hayter氏は、『METAL GEAR SOLID』シリーズのナンバリングタイトル(1~4)や『METAL GEAR SOLID:Peace Walker』のほか、PSP『METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS』などのスピンオフ作品でスネークを演じた俳優として知られています。

同氏によれば、2005年発売の『METAL GEAR SOLID 3: SNAKE EATER』の際、再オーディションを受けなければならなかったとのこと。その理由については明らかになっていないもののHayter氏は、シリーズの英語キャスティング・ボイスディレクターのKris Zimmerman氏より、他の人への置き換えが望まれている、と聞いたことを語っており、また小島監督はカート・ラッセルにもスネーク役を打診。結果的に断られていた、と説明しています。

また、Hayter氏はキーファー・サザーランドがスネークを演じた最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』とその前日譚『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』をプレイしたか、というファンの質問に対し、屈辱的な60時間になるためやりたくない、とする旨の返答を行っています。

そして最後には、「小島監督のことを尊敬しているし、素晴らしいゲームメーカーだ」、としたうえで、「彼の人となりは知らないし、ビジネスマンとしては感心できなかった」と語るHayter氏。今後の小島監督との仕事については「小島監督に対して特別な愛情は持っていないし、再び彼のために働く必要は無い」と話しました。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 122 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『LIMBO』『INSIDE』のPlaydeadが新作発表!―独特のコンセプトアート

    『LIMBO』『INSIDE』のPlaydeadが新作発表!―独特のコンセプトアート

  2. 実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か

    実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か

  3. 可愛すぎる!『オーバーウォッチ』の「猫版」ハイライト・イントロ―海外ファンメイド映像

    可愛すぎる!『オーバーウォッチ』の「猫版」ハイライト・イントロ―海外ファンメイド映像

  4. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  5. 狂気に支配される新作『Year Of The Ladybug』初のトレイラー遂に公開

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『FF7』邪魔過ぎるクラウドが大暴れ!Mega64による新作映像

  8. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  9. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  10. 悪夢のインディー新作『Year Of The Ladybug』初トレイラーが1週間延期

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top