『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!

家庭用ゲーム Xbox One

『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!
  • 『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!
  • 『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!
  • 『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!


MicrosoftプログラミングディレクターLarry Hryb氏は、Xbox Oneの下位互換機能に『アリス マッドネス リターンズ(Alice: Madness Returns)』が新対応したことを発表しました。


2011年にEAからリリースされた『アリス マッドネス リターンズ』は、2000年に発売された『アリス イン ナイトメア(American McGee's Alice)』の続編となるタイトル。『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』を原作とし、その後火事により家族を全て失って精神を病んでしまったアリスの内面として、猟奇的な姿へと変貌してしまった“不思議の国”を舞台に、彼女の精神の均衡を取り戻すための戦いが繰り広げられるという、アメリカン・マギーの手による独特の世界観が好評を博した『アリス イン ナイトメア』。


その続編となる『アリス マッドネス リターンズ』では、自分の記憶を取り戻し、すべての発端となった火事の真相を探るための新たなアリスの“不思議の国”での戦いが繰り広げられることとなります。なお、同シリーズの3作目はゲームではなく3Dアニメーション『Alice: Otherlands』としてリリースされています。


今回正式にリストに加わったのは『アリス マッドネス リターンズ』のみですが、同作では無料DLCとして前作『アリス イン ナイトメア』を遊ぶことも可能です。ただし、こちらは2000年当時高い評価を誇った日本語吹き替えを含まない、英語のみの内容となっているため注意が必要です。

その他のXbox Oneの下位互換機能リストはこちらから閲覧することが可能です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Horizon Zero Dawn』ローンチトレイラー!―Guerrilla Gamesが描く壮大世界

    『Horizon Zero Dawn』ローンチトレイラー!―Guerrilla Gamesが描く壮大世界

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  4. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  5. ヌンバーニ空港で一体何が?『オーバーウォッチ』予告イメージで謎深まる―PTRにも変化が【UPDATE】

  6. 国内XB1下位互換機能に『ボーダーランズ 2』などが追加

  7. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  8. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』が配信未定に

  9. PS4/PC『ゴーストリコン ワイルドランズ』オープンβ開始!―Web限定実写CMも公開

  10. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイのシーズン3終了日程が告知、2月末より次期シーズンへ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top