米国1月度トップセールス作品は『バイオハザード7 レジデント イービル』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国1月度トップセールス作品は『バイオハザード7 レジデント イービル』

家庭用ゲーム PS4

米国1月度トップセールス作品は『バイオハザード7 レジデント イービル』
  • 米国1月度トップセールス作品は『バイオハザード7 レジデント イービル』
NPD Groupの報告より、『バイオハザード7 レジデント イービル(Resident Evil 7 Biohazard)』が米国で1月中、最も多く販売されたゲームタイトルであることが伝えられています。

2017年1月度に『バイオハザード7 レジデント イービル』に次ぐセールスを成したのは『Call of Duty: Infinite Warfare』。3位以降は『Grand Theft Auto V』『バトルフィールド1』『NBA 2K17』がトップ5として並びました。なお、集計期間は1月1日から29日までとされています。1月度トップセールスに君臨した『バイオハザード7 レジデント イービル』は1月24日から海外で発売。各小売店や配信サービスに並んだ日数は5日間のみであり、海外メディアではこのセールスについて「凄まじい成果」といったコメントも伝えられています。

『バイオハザード7 レジデント イービル』は2月10日の時点で全世界300万本出荷を報告。併せて、ハリウッド映画新作「バイオハザード: ザ・ファイナル」も好成績を収め、映画「バイオハザード」シリーズの累計興行収入が10億ドルを突破していたことも発表されていました。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

    ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

  2. PS4版『バイオハザード CODE:Veronica』が独レーティング機関に登録

    PS4版『バイオハザード CODE:Veronica』が独レーティング機関に登録

  3. 独レーティング機関に未発表の『ReCore Definitive Edition』が一時掲載

    独レーティング機関に未発表の『ReCore Definitive Edition』が一時掲載

  4. スイッチ『聖剣伝説コレクション』6月1日発売決定!『聖剣伝説1・2・3』収録、一部マルチプレイなど対応

  5. 『メタルギアソリッド ザ・ツインスネークス』がスイッチへ?開発スタッフ明かす

  6. PS Plus期間限定施策実施中―『GoW』『Until Dawn』が100円・『Tearaway PS4』フリプなど

  7. 【特集】知られざる農機の世界―「ファーミングシミュレーター」をさらに楽しむために

  8. Xbox One下位互換に『デイトナUSA』が新対応!―デイトォーナァアアアア♪

  9. 『オーバーウォッチ』新ヒーロー“オリーサ”日本語版プレイ映像でスキルを予習!

  10. 『CoD: MW Remastered Variety Map Pack』DLC、海外PS4にて配信開始―4種のマップが復活

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top