全然違ウ!海外カバーアート『スプラッターハウス』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート『スプラッターハウス』

PC Windows

業務用のホラーゲームというと、今では3Dで迫ってくるゾンビなどをガンコントローラで倒していく、などなど多彩になりました。でも、ちょっと前までは2Dでも基盤スペックの限界まで挑戦したものも、結構あったのです。今回の[b]スプラッターハウス[/b]は、ナムコの作品でPCエンジン版です。


早速ながら、国内版はこういうジャケットで発売されました。



PCエンジンのHu-Cardメディアでリリースされています。主人公の攻撃が素手なので少し(かなり?)ショボイ感じが否めませんが、クリーチャーが痛がってるので効果は絶大だった・・かも。背景のおどろおどろしい怨霊(?)と舞台となる洋館は、何となくミスマッチながら雰囲気は良いかと。

そして、海外版のパッケージがコレでありますよ・・。



パッと見たところ、[b]どちらが主人公なのか分かりません![/b]冷静に見れば左側が敵で、両手首にチェーンソーを強引に取り付けた、悪霊なのにハイテクな装備です。右側が主人公なのですが、これまたホッケーマスクをしているため、左側の敵と表情として見分けが付かなくなっている始末・・。それより何より、主人公の得物が棍棒(?)というだけで、即死決定かも。相手が相手だけに、無謀な挑戦は文字通り命取りかと・・。

スプラッターハウスは、1988年に業務用のナムコ・システム1基盤対応タイトルとして発売されました。当時はオカルトブーム全盛期で、特に血みどろな映画やテレビ作品(スプラッター作品)が乱発された社会背景があります。これに目を付けて業務用に現れたのが、このスプラッターハウス、という訳です。PCエンジン版は1990年に発売されています。

ストーリーは、大学生で超心理学を学ぶ主人公のリックとその恋人のジェニファーが、同じく超心理学の権威であるウエスト博士の研究所である館に踏み込んでしまったことから始まります。館の中は魑魅魍魎の巣窟となっており、ジェニファーは何者かに連れ去られてしまいます。リックは精霊の力が宿る「ヘルマスク」を被り、恋人を救い出すために勇敢にも化け物と戦いを繰り広げる・・というもの。

ゲーム内容は典型的なアクションです。パンチ、キック、ジャンプ、アイテム(角材やナタ、斧など)を使っての攻撃、スライディングキックといったものがあり、なかなか多彩です。横方向半任意スクロール方式で、後退は出来ません。前を塞ぐ化け物をギタギタになぎ倒しながら、ステージをクリアしていきます。演出もステージ内容も、大変グロテスクなもので満たされていますが。一番ショッキングなのはラスボスの・・?

このタイトル以降、メガドライブなどで続編が作られていますが、それぞれで賛否両論。しかし、スプラッターハウスが「ジャパニーズホラーゲームのパイオニア」となったのは言うまでもないでしょう。
[size=x-small](イメージ: [url=http://www.mobygames.com/game/turbo-grafx/splatterhouse/cover-art/gameCoverId,42642/]MobyGames[/url])[/size]

【関連記事】
ホラーFPS『The Darkness』寄生獣が画面に君臨するムービー2本
『サイレントヒル 5』『サイレントヒル: オリジンズ』2本だて
『Manhunt 2』新スクリーンショットとアートワーク

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)NBGI All Rights Reserved.
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

    PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

  2. 『Heroes of the Storm』に新女性ヒーローValeera参戦決定!

    『Heroes of the Storm』に新女性ヒーローValeera参戦決定!

  3. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

    【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  4. 日本風ロボットSLG『DUAL GEAR』indiegogoの新たなキャンペーン始動

  5. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  6. 美少女RPG『クリミナルガールズ』Steam版に表現規制―「規制解除Mod」制作に公式許可

  7. 『オーバーウォッチ』限定スペシャルボックスが抽選で100名に当たる!国内プロチームのスペシャルマッチも放送決定

  8. 『Dragon Age II』DLC「The Exalted March」開発中止の真相

  9. 国内向けに初代『ダークソウル』PC版がオンラインサービスをSteamに移行―再販も予定

  10. パンデミック対策ストラテジー『Quarantine』発表―拡大する病から世界を守れ!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top