E3 07: 『Echochrome』で用いられる"OLE Coordinate System"の説明映像 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

E3 07: 『Echochrome』で用いられる"OLE Coordinate System"の説明映像

PC Windows

先日のE3で発表されたカジュアルゲーム[b]Echochrome[/b]。まるでエッシャーの騙し絵を再現したようなゲーム内容に興味を持った方も多いことでしょう。今回はゲームの肝である[b]"OLE Coordinate System"[/b]の説明動画をご紹介します。







概要より[quote]
OLE Coordinate System はキャラクターがブロックや階段上を有り得ない徘徊動作を行うことを可能としたインタラクティブだまし絵システムです。ユーザが配置したキャラクターは離れているが繋がっているように見えるブロック間をキャラクターが移動できたり、足元にあるように見えるブロック上に着地することができたりします。

[特徴]
1.主観的移動…実際は繋がっていなくても、繋がっているように見えるブロック間をキャラクターは移動することができます。

2.主観的落下…実際は何もなくても、着地しているように見えるブロック上にキャラクターは着地することができます。

3.主観的存在…実際はブロックがなくても、ブロックがあるように見えるブロック間をキャラクターは渡れることができます。

4.主観的虚無…実際はあっても、ないように見える穴やファンにはキャラクターは反応しません。

5.主観的跳躍…実際は手前にあっても、奥にあるようにオブジェクト間をキャラクターはジャンプします。
[/quote]

動画や概要を見てるとなんだか頭がこんがらがってしまいそう……。環境は3次元なのに2次元として位置を考えなければいけないというのは斬新で面白いアイデアですね。画面を回転さえた場合に何処が何処に重なるか、上限関係はどうなのかなど、かなり頭を使いそうです。

上記概要に出てくる"OLE"とは"Object Locative Environment"の略で、直訳すると"オブジェクト位置を示す環境"となりますが、上記の説明にもあるように全てが主観で判断される事から動画の最後では[size=large][b]"俺座標系"[/b][/size]と締めくくられています(笑)。日本人にしか伝わりませんが……。

本作はPLAYSTATION NetworkとPSPで登場予定となっていますが[url=http://tserve01.aid.design.kyushu-u.ac.jp/~fujiki/ole_coordinate_system/index.html]本作の解説サイト[/url]からPCで動作するお試し版がダウンロード可能となっています。お試し版で製品版が登場する前に"俺座標系"をしっかり理解しておきましょう。

[size=x-small](ソース: [url=http://www.destructoid.com/experience-the-mind-bending-fun-of-echochrome-on-your-pc-35520.phtml]DESTRUCTOID[/url])[/size]

【関連記事】
E3 07: 『Patapon』『echochrome』…要注目のカジュアルゲームが続々PSNとPSPに!
海外レビューハイスコア 『スーパーペーパーマリオ』
「あなたは2D派?それとも3D派?」投票結果発表

Echochromeの関連記事をGame*Sparkで検索!

Copyright (C) 2006-2007 Jun Fujiki. All rights reserved.






《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

    PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

  2. 『Rogue Legacy』開発元新作、4人協力格闘アクション『Full Metal Furies』発表

    『Rogue Legacy』開発元新作、4人協力格闘アクション『Full Metal Furies』発表

  3. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

    三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

  4. 『レインボーシックス シージ』遂にタチャンカ大幅強化!大型調整パッチノート

  5. 『レインボーシックス シージ』PC向け低価格版が期間限定なしでの販売開始!

  6. スティック型PCで『Half-Life 2』『マインクラフト』は遊べるか…海外YouTuberが徹底検証

  7. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外TVCM!ゴーストが暴れまくる

  8. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  9. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

  10. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第2回『ルナティックドーン 第三の書』(2000年)

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top