ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あのシルバーガンもLIVEアーケードで…?Microsoftのお願いにトレジャー前川社長は思案中

家庭用ゲーム Xbox360



あの16-bit時代を知る当時のファンはもちろんのこと、近頃はバーチャルコンソールやLIVEアーケードのオンライン配信によって、長らく入手困難だったり日本でしか発売されてない作品がますます世界でも知られるようになり、最近は国内以上に海外でも評価が高く熱心なファンを持つ日本のトレジャー。

昨年は、代表作のひとつ斑鳩がついに配信されたくさんのダウンロードを記録すると共に、日本では再びオールドスクールなアーケードシューターが盛り上がっていたりするXbox 360ですが、トレジャー前川社長への海外インタビューでは、現在入手困難なサターン時代のあの作品についても取り上げられ、日本のシューティングファンが気になるゲームの行方が、多くの海外サイトでも話題を呼んでいるようです。




* * * * * * * * *






Gamasutra: Radiant Silvergunのレアさときたら、もはや伝説の世界です。

前川氏: 「伝説ですか?」(笑い)


Gamasutra: ええ、ゲームの名前とそれがどれだけ入手困難かって話は、アメリカでもたくさんの人が知ってますよ。ただ、実際にプレイしたことがある人は多くありません。それで今、ダウンロードできるゲームがますます一般的になってきましたが……


前川氏: 「うわー、それは私たちも是非見てみたいと思いますよ。ただ、斑鳩の時とはゲームについての状況が少々違ってて、あれがLIVEに出せるかわからないんです」


Gamasutra: とても良く売れると思いますよ。Microsoftだって、乗り気になること間違いなしです。


前川氏: 「実際、Microsoftはシルバーガンが出せるかどうか我々に聞いて来ましたよ(笑い)。私たちは確かにそれを考慮しているのですが、簡単に「よし、やってみよう」と言えるほど単純ではないんです。私が言いたいのは、斑鳩についてはそれほど多くのことをゲームに付け加えたりせずそのまま出しても、ゲームには人気があってそれでうまく受け入れられたんです」

「でも、もし今からシルバーガンを遊ぶとしたら、ゲームはさまざまな意味で確かに古くなりました。そうした全てが良いとは、私も確信してないんです」(笑い)






1998年に一部のアーケードとハード末期のセガサターンで発売された、トレジャー初の本格的かつ個性的なシューティングゲームで、後の斑鳩の原型でもあるレイディアントシルバーガン。ハードウェアの問題もあり、これまで一度も他のプラットフォームに展開されることなく、そもそも国内でしか発売されていませんが、最近は日本よりもむしろ海外でゲームの評価が高くファンの多いトレジャーのこと、例によって[url=http://shop.ebay.com/items/__Radiant-Silvergun_W0QQQ5ftrkparmsZ66Q253A2Q257C65Q253A3Q257C39Q253A1QQ_scZ1QQ_trksidZp3286Q2ec0Q2em14QQ_sopZ12QQ_scZ1]eBayでは[/url]日本からのプレミアソフトが、$200を超えるようなお値段で売られているみたい。

Gamasutraならではの本格的な海外の[url=http://www.gamasutra.com/view/feature/3896/games_the_way_they_want_catching_.php]インタビューでは[/url]、最近の作品の背景や据え置きコンソールで久々の新作になる罪と罰2について(今はまだ何も話せないとのこと…)や、おなじみのパズル的なゲームシステムから、なんとPortalやFPSについて(社内にファンも多いけど、既に良いゲームがいっぱい…)まで、さらに興味深い話が続いていますが、同社では敢えて現在も20人程度の少人数でゲームに取り組んでいるという職人集団のトレジャー。

社長の前川氏によると、サターン時代のシルバーガンについては現在も検討中とのことで、ダウンロードタイトルとして移植することの困難さよりも、どうやら今からそのままの内容で受け入れられるかどうかの不安や、さらにはそこにまたトレジャーならではの完璧なものを目指すこだわりもあるようです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=21732]Gamasutra: "Treasure's Maegawa: Microsoft Asked For Radiant Silvergun On XBLA"[/url])[/size]

【関連記事】
マイクロソフト、2008年のXbox LIVE人気タイトルTOP20を発表
配信から丸3年!『Geometry Wars』アーケードの人気シリーズが100万ユーザー突破
良作ならば容量制限も免除? 『Portal: Still Alive』配信中

あの『パンチアウト』や『罪と罰』の続編も!注目の任天堂カンファレンス新作トレイラー
インパクトのあるゲームに!トレジャーがWiiで未発表2タイトルを開発中
VCで海外デビューの『罪と罰』 Wiiで続編も…? 雑誌Nintendo Powerより

マルチプレイにも対応!セガ、噂の『OutRun Online Arcade』をXBLAとPSN用に発表
セガ名作40タイトルを収録!『Sonic's Ultimate Genesis Collection』スクリーンショット
まだまだ終わらない? ドリームキャストの新作シューティング『DUX』が発売予定!


お宝拝見!歴代ハードの名作が壁を埋め尽した、セガの社内ゲームコレクション
全然違ウ!海外カバーアート『ガーディアンヒーローズ』
海外レビューハイスコア 『Ikaruga』 (斑鳩)


- トップに戻る -




(C)TREASURE/ESP 1998. All rights reserved.
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 10月の「PS Plus」にフリープレイ『バイオ HD』登場―PSVR向けSPコンテンツも

    10月の「PS Plus」にフリープレイ『バイオ HD』登場―PSVR向けSPコンテンツも

  2. PS4新CM第2弾「山田と太賀と巨大な…。“PS4に一気に来る”篇」公開

    PS4新CM第2弾「山田と太賀と巨大な…。“PS4に一気に来る”篇」公開

  3. PS4『ホラート ~ディアトロフ峠の惨劇~』日本語版インプレッション―開発者が明かした本当の“怖さ”

    PS4『ホラート ~ディアトロフ峠の惨劇~』日本語版インプレッション―開発者が明かした本当の“怖さ”

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. 『Gears of War 4』海外プロローグ映像!過去作の見せ場を追体験【ネタバレ注意】

  6. ドヴァーキンマスク収録!海外小売店で『TES V: Skyrim Special Edition』特別版が販売

  7. PS VRホラー『Here They Lie』の背筋凍りつく恐怖映像

  8. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  9. 『タイタンフォール2』開発完了が報告!キャンペーン新映像も公開間近

  10. PS4『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』国内発売トレイラー!16bitテイスト新ミニゲームも収録

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top