ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

アパートで銃撃音→SWATが突撃→実はPS3のゲームで遊んでいただけ−デンマーク

January 14, 2009(Wed) 18:30 / by Rio Tani



グラフィックだけでなく、効果音や音響もますますリアルになっている次世代ゲーム環境ですが、そのリアルさが本当の事件に発展してしまったようです。デンマークで、PS3で遊んでいた二人の青年が、ゲームのサウンドを本物の銃撃音だと勘違いした隣人に通報され、SWATチームが出動する騒ぎに……。

デンマークの首都コペンハーゲンで、深夜、21歳の青年とその友人はPS3のゲームを大音量でプレイしていました。すると、そのリアルで激しい音を聞きつけた隣人が、本当の銃撃戦がドアの向こうで繰り広げられていると勘違い、身の危険を感じて警察に通報。

最近コペンハーゲンでは、別の発砲事件が発生しており警戒が高まっていたため、すぐさま武装したSWATチームが出動。青年が住むアパートに駆け付けた警察は、拡声器を使って二人のゲーマーに降伏を要求しました。

銃ではなくコントローラを床に置いて降伏した二人でしたが、アパート内での発砲容疑で逮捕されるはめに。しかし、警察が青年のアパートを調査した結果、銃器が一切見つからなかったため、その後すぐに釈放されたとのこと。

尚、二人の青年がPS3のどのゲームをプレイしていたのかは発表されていません。[size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://ekstrabladet.dk/112/article1108226.ece]Ekstra Bladet: Playstationspil udl?ste politiaktion[/url] via [url=http://www.gamepolitics.com/2009/01/13/swat-team-takes-down-pair-ps3-gamers]GamePolitics[/url])[/size]


【関連記事】
任天堂に100日間の引きこもりストライキ、早期に終了… 警察が出る騒ぎに
本日の一本 『フランスの街中を爆走する、リアルマリオカートおじさん』
科学通のゲーマーが自宅で小型原子炉を作成 → FBIの家宅捜査を受ける
公務執行中にPSPで遊んでいた警察官が処分@イギリス
警察がララ・クロフトの人形を強盗と勘違いして民家を強襲

海外レビューハイスコア 『Resistance 2』
海外レビューハイスコア 『Unreal Tournament 3』
海外レビューハイスコア 『Mercenaries 2: World in Flames』
海外レビューハイスコア 『Battlefield: Bad Company』
海外レビューハイスコア 『Rainbow Six Vegas 2』

- トップに戻る -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image