『The War Z』が『World War Z』との類似を指摘され商標審査が保留に、タイトル変更の可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The War Z』が『World War Z』との類似を指摘され商標審査が保留に、タイトル変更の可能性も

PC Windows

先週ユーザーからの大きな批判が発生し、ついにはSteamでの販売が停止されValveが返金にも対応するという前代未聞の騒動を巻き起こしたゾンビサバイバルMMO『The War Z』ですが、この騒動が発生する約1ヶ月前に、出願中の同作の商標審査が保留状態となっていたことが明らかとなりました。

『The War Z』の商標はHammerpoint Interactiveが今年7月に出願し、審査の際中で登録はまだ行われていませんでした(通常、出願された商標を審査し登録するには数ヶ月かかる)。米国特許商標局のWebサイトに掲載されたSuspension Letterによれば、この商標とParamount Picturesが過去に登録していた『World War Z』関連の商標との類似性が確認され、2012年11月15日時点で審査が保留状態になったとのこと。

海外サイトPolygonでは、今後、商標の類似性が認められParamount側が使用を禁じた場合、『The War Z』が名前を変更しなければならない可能性があることを指摘しています。

なおParamountは『World War Z』関連の商標を2011年8月から今年7月にかけて幾つか登録しており、その中にはダウンロード形式ゲームやオンラインゲームに関するものも含まれています。『World War Z』は世界規模で巻き起こったゾンビと人類の戦いをインタビュー形式で回顧していくという2006年発売の小説で、来年にはブラッド・ピット主演の同名映画も公開予定です。
(ソース: gamesindustry , Polygon , USPTO(pdf形式))

【関連記事】
『DayZ』開発者Rocket氏が『The War Z』騒動などを受けRedditで発言
渦中の『The War Z』、今度は『The Walking Dead』からゾンビ盗作の疑い
『The War Z』のSteam販売が一時中止、ValveとHammerpointから声明も
ゾンビMMO『The War Z』表記されていたキー要素の未搭載に関しSteamユーザーが怒り…炎上状態に
ゾンビサバイバルMMO『The War Z』のSteam配信が開始
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

    【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

  2. 「PS Now for PC」3月21日よりスタート!―新規タイトルも13タイトル追加

    「PS Now for PC」3月21日よりスタート!―新規タイトルも13タイトル追加

  3. 『シヴィライゼーション VI』にキュロス2世率いる「ペルシア」文明登場!

    『シヴィライゼーション VI』にキュロス2世率いる「ペルシア」文明登場!

  4. 爆乳バトル三度PCへ!『閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS』Steam版3月発売決定―海外発表

  5. PC版『ニーア オートマタ』Steamにて発売開始!

  6. 「PS Now for PC」サービス開始!200以上のPS3タイトルがWindows PCで遊べる

  7. レトロスタイルの新作アクションゲーム『Oniken』がDesuraで近日配信

  8. 『Arma 3』2017年度リリース予定のDLC紹介映像!―DLCセットの販売も開始

  9. 新作対戦サバイバルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』早期アクセス開始日決定

  10. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top