ハードコアゲーマーのためのWebメディア

19歳の青年がほぼ1人で作り上げた公式DLCサイズの『TES V: Skyrim』超巨大Mod“Falskaar”が配信開始

PC Windows

今なおModderの手によりModが作り続けられている『The Elder Scrolls V: Skyrim』ですが、先日より19歳の青年Alexander J. Velicky氏が作り上げた超巨大Mod“Falskaar”の配信が開始され、複数の海外メディアが取り上げるなど密かに注目を集めています。

“Falskaar”は600年前にノルドが住み着いた大陸Falskaarを追加するというModで、ノルドの一団により開かれたMzubthand遺跡のポータル(揺らぐ壁)を経てプレイヤーはFalskaarに足を踏み入れることになります。このFalskaarはなんと本編の舞台Skyrimの約2〜3倍の広大な土地を有しており、新規キャラクターがフルボイスで登場、さらに山のようなクエストも収録されるなど、公式DLCかそれ以上の規模のModとなっています。


  • タムリエルから完全に独立した新たな土地。Skyrimの約2〜3倍のサイズ
  • ゲームプレイ時間は20-30時間以上
  • 9つの長いメインストーリーを含む26のクエスト、17のサイドクエスト
  • 本、レシピ、武器、アーマーセットなどの新たなアイテム
  • 2種類の新規スペルとシャウト
  • 吟遊詩人によるいくつかの新曲
  • Adamm Khuevrrによる14曲の新規サウンドトラックを含む40分間以上の新BGM
  • 29人のセミプロ/プロ声優によるフルボイス化

海外サイトPC GamerにVelicky氏が語ったところによれば、Falskaarの開発には100人以上の人々が関わったそうで、ある人物は声優としてダイアログのボイス、またある人は少数のモデルやテクスチャを提供、ある人は1冊か2冊の本を書き上げたそうです。

とは言え声優役のオーディションやダンジョンの製作に始まり、ほぼ全てのコンテンツにおけるデザインや開発作業はVelicky氏がたった1人で手がけたとのこと。実際に19歳のVelicky氏はハイスクールを卒業してからBethesdaのCreation Kitをデザインスクール変わりにし、およそ2,000時間かけて約1年間Falskaarを作り続けました。同氏は現在求職中であるそうですが、父親はありがたいことに開発を続けた1年のあいだ生活費を支払い同居することを認めてくれたそうで、Velicky氏は「学校にもアルバイトにも行ってない。つまり事実上、Falskaarが僕の仕事だったのさ」とコメントしています。

なおVelicky氏は自分がゲーム開発者としては熟達していないためMod“Falskaar”は完璧では無いと語っており、今後もFalskaarをアップデートしつつ常に自己を開発者として高めていくことを示唆しています。また同氏には自身のModをBethesda Games Studiosに示し、彼らに雇ってもらう野望もあるようです。

未来のBethesda開発者になるかもしれないVelicky氏のMod“Falskaar”のダウンロードはこちらよりどうぞ。
(ソース: PC Gamer)

【関連記事】
『どうぶつの森』の“むらびと”がついに『TES V: Skyrim』にも種族Modとして参戦する恐怖のプレイ映像が登場
『TES V: Skyrim』に登場する“オークバトルアックス”を鍛冶職人がリアルに再現
国内向けPC版『TES V: Skyrim Legendary Edition』の発売日が決定
ゼルダシリーズの青沼英二氏、『Skyrim』から受けたインスピレーションに着目
PS3/360『Skyrim LE』&廉価版の国内発売が正式発表!内容に関する「よくある質問と回答」も公開
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. PC向け1人称ステルスホラー『Hello Neighbor』アルファ版登録開始―恐ろしい隣人を欺き秘密に迫れ

    PC向け1人称ステルスホラー『Hello Neighbor』アルファ版登録開始―恐ろしい隣人を欺き秘密に迫れ

  2. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

    フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

  3. PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

    PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

  4. 宇宙にも飛び出す惑星サバイバル『Osiris: New Dawn』がSteam早期アクセス開始!

  5. 柴犬との生活を描く新作ゲーム『Year of the Dog』が開発中―サンフランシスコが舞台

  6. PC版『Quantum Break』Steamで配信開始!日本語インターフェース/字幕をサポート

  7. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  8. Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

  9. 『War Thunder』最新アプデ1.63「砂漠のハンター」配信!20以上の車輌が追加

  10. PC版『マインクラフト』新Snapshot配信、新たな動物やブロック収録

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top