Microsoftがインディー開発者のセルフパブリッシングを容認へ、市販のXbox Oneが開発で利用可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Microsoftがインディー開発者のセルフパブリッシングを容認へ、市販のXbox Oneが開発で利用可能に

ニュース 最新ニュース

本日MicrosoftはGame InformerやEngadgetといった海外メディアに対し、同社が今後セルフパブリッシングを容認する意向であることを明らかにしました。今後パブリッシャーを要さずに販売を行うことが可能となり、インディーデベロッパーにとってはXbox Oneで自スタジオのゲームをリリースしやすい環境が整うことになります。

MicrosoftのXboxチーフプロデューサーMarc Whitten氏は公式声明で「我々のビジョンは全ての人々がクリエーターになることだ。全てのXbox Oneは開発に利用できる。全てのゲームおよび体験がXbox OneとXbox LIVEの全フィーチャーを優位に扱うことができる」とコメント。「つまりはセルフパブリッシングだ。つまりはKinect、クラウド、実績だ。つまりはXbox LIVE上にて見つけて貰える可能性だ」と続け、更なる詳細は8月のゲームイベントgamescomにて明らかにするとしています。

海外サイトGame Informerの取材にてWhitten氏は、リテールスケールのゲームがセルフパブリッシングで販売できるかどうかについては「我々のゴールはXbox One、Xbox LIVE、クラウド、Kinect、Smartglassのパワーへと彼らをアクセスさせることだ」と答え明確な返答は避けました。

この他にも利益配分に関してはgamescomで詳細を話すとした上で、今日の市場に沿った一般的な率になるだろうと答えています。Game Informerが複数のデベロッパー達と語ったところ、およそ50:50の利益率を設定できるとの返答を受けたとのこと。加えてWhitten氏はゲームの販売やパッチ配信前などにMicrosoftによって行われる承認作業の時間短縮が視野に入っていることも明らかにしています。

またWhitten氏は「Xbox Oneを開発に利用できる」件についても触れ、ローンチ時には開発機能は利用できないだろうとの見解を示しました。この機能では市販のXbox Oneユニットで開発途中のコードを問題が無いかどうか走らせる、つまりはデバック機として利用することが可能となる模様で、実現すれば高価な開発機材をスタジオで購入せず市販のXbox Oneを買えばデバックが行えることとなります。

今年6月には4月よりXbox 360 アーケードゲームのタイトルアップデートの無償化が実施されていることが明らかにされたほか、E3後にはオンライン認証や中古ディスクに関するポリシーが大きく変更、さらには7月に大きな組織再編を行ったMicrosoft。これらの変更がXbox OneやXbox 360にどのような影響を与えるのか、注目していきたいところです。
(ソース: Engadget , GameInformer)

【関連記事】
Xbox 360ゲームのタイトルアップデート費用が無償化、Microsoft幹部が正式に認める【UPDATE】
Xbox Oneのポリシー変更後もアジア地域の本体ローンチ時期は変わらず
Xbox Oneのサービスポリシーが変更、24時間毎のオンライン認証や中古ディスク制限を撤廃
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. ゲイブ・ニューウェルがファンの質問に答える!海外掲示板でAMA実施へ

    ゲイブ・ニューウェルがファンの質問に答える!海外掲示板でAMA実施へ

  2. 『風ノ旅ビト』のthatgamecompany、次回作は2017年内に

    『風ノ旅ビト』のthatgamecompany、次回作は2017年内に

  3. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

    『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

  4. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  5. 『風ノ旅ビト』開発元が新作ゲームを予告!2017年リリースか

  6. ぐでんぐでんな乱闘ゲーム『Gang Beasts』がSteam早期アクセスにて配信開始

  7. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

  8. 『レインボーシックス シージ』SAT追加の新パッチ配信時間発表!日本語パッチノートも

  9. 【TGS 2016】ファミパンおじさんの正体など新情報ゾクゾク!『バイオハザード』ステージイベントレポ

  10. DMM GAMES、5周年記念として総額最大5億円分プレゼントキャンペーンを開催 ─ 『御城プロジェクト』『一血卍傑』などでは特典の配布も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top