ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実際に歩くことができるルームランナー型VRデバイス「Omni」が今年9月に発売決定、日本国内への配送も可能

ニュース 最新ニュース



VRヘッドセットのOculus Riftと並び、全方位型ルームランナーのような機構で実際に身体を動かしてゲームをプレイ出来るVRデバイスとして注目を集めている「Omni」。昨年8月より予約販売が開始されていた中、開発と販売を担当するVirtuix社が今年9月にも同デバイスをリリースすると公式サイト上に掲載しました。

昨年6月にもKickstarterにてクラウドファンディングキャンペーンを実施し、目標額を軽く超える110万ドル以上の開発資金を獲得したVRデバイスOmni。腰部のハーネスと専用のシューズを履いてデバイス上で走ると、実際にゲーム内のキャラクターも同様の操作を行うという代物となっています。

現在Virtuixの公式サイトにて販売されているのは499ドルの「Virtuix Omni Natural Motion Interface」と、2台のOmniを収録した1,019ドルの「Virtuix Omni Duel Pakage」。日本国内への輸送費と付加価値税は150ドルから250ドルになると記されており、これにほぼ必須となるOculus Riftや他の機器などを加えると"実際に歩いて遊ぶVR体験"への初期投資は軽く1,000ドルほど、さらには設置できるスペースが必要となる計算です。



すでに『The Elder Scrolls: Skyrim』や『Half-Life』といったプレイ映像が登場し、さらにはNASAの火星探索研究用にOculus Riftと共に利用されていることも明らかとなっているOmni。今年9月にはVR体験やゲーミングの未来を世界中のプレイヤー達が体感することとなりそうです。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  2. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

    F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  3. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

    『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  4. 『Star Citizen』アルファ版2.5が配信開始―アウトロー向け新ステーションなどが実装

  5. 噂: 『Duke Nukem』謎のカウントダウンの正体を海外サイトが報告

  6. 『ポケモンGO』アップデート実施―ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装

  7. Wargamingの新作4Xストラテジー『Master of Orion』がSteam正式リリース

  8. 『Halo Online』ModderにMicrosoftが警告、特殊ツールに著作権侵害を申し立て

  9. 『ウィッチャー3』GOTY版と通常版のセーブデータが非互換な理由が判明

  10. 今さら聞けないPC版『スカイリム』ガイド ― ModやDLCで無限に広がる冒険世界

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top