ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

インディーバブルが弾ける日、Steamにおける急激な市場の変化を大物デベロッパーが斬る

インディーバブルが弾ける日、Steamにおける急激な市場の変化を大物デベロッパーが斬る

May 28, 2014(Wed) 21:42 / by 河合 律子


以前、2014年に入ってから4ヶ月でリリースされたSteamタイトル数が2013年全体の数字を超えたことをお伝えしましたが、増え過ぎたゲームによるインディーバブルは崩壊の危機を迎えているかもしれないと、Spiderweb Software創設者のJeff Vogel氏が自身のブログ、The Bottom Feederで警鐘を鳴らしています。

同氏は、インディーゲームの到来が世界に多くの良作をもたらした一方で、Steamにあふれるインディー製品とバンドルを通した供給過剰との間で市場が持続不可の状態になっていると指摘。「どれだけの人が、Greenlightを頻繁に通過する何百ものインディータイトルを不安視する記事を読んだことがある。需要があればそれで問題ない。だが現実は違う」先月、購入したSteamゲームの4割近くは未プレイという統計結果が出ていたように、実際単価の低下による急速な供給の増加に対して需要が追いついていないのが現状です。

Vogel氏は続けて、「欲しくもないものなんだから大抵の人は遊ばない。問題は望まれていないものを売りつけるビジネスが不安定だということだ」と、"露天掘り"で安易な商売をするほど後から参入するデベロッパーは不利になることに言及。「数百ドル払えば数年間は手持ち無沙汰にならない。お得なんだからそうすべきだ。次に本当に欲しい作品をフルプライスで年に1つだけ購入する。それでもう新規デベロッパーにお金をつぎ込むリスクを抱えなくて済むだろう。2、3年様子を見てごらん。新規参入者はもういないだろう。それだけ続かないのだよ」以前は莫大な利益を生んだバンドル商法も、薄利多売から多売を取れば何も残らないとのことです。

さらに、「インディーゲームはもともと作品への愛にあふれる情熱を抱いた人々によって始められたものだ。それが今はたいして関心もない人たちが小銭のために無難で変わり映えしない商品の山を築いている」と現状を悲観する一方で、Steamを責めても仕方がない点を強調。その上で、現状を誰もが予想できた必然の結果であるとして、それを指摘する自分を自虐的に捉えている気持ちを吐露しています。「言うだけ落ち込むよね。なんだか自分が他人のズボンが下がっているのを指差して笑っているクズみたいに思えるよ」

インディーゲーム市場の拡大と低価格競争は果たして業界をどこへ導いていくのか。引き続き動向を見守りたいところです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2014年5月28日 21:59:03 ID: 08K2wMVS0JP2
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    Greenlightはもっと厳選した方がいい気がする

  • 2014年5月28日 22:07:36 ID: 3L1NXwrgEbFQ
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    結局PCユーザー増えてる言っても増えてるのはF2Pとかの基本無料ゲーとかなんだよねえ
    GTAとかCODとかアサクリとかBFとかTESとか大手の大作ゲーなんかは結局CSのが売れるし利益も多い
    PCが据置食うとかあ最近になってよく見るようになったけどありえんよ
    (つかPCが据置食うとか言うのはもうかれこれ10年数年くらい前からいわれてるがw)
    ココ最近になってまた急に増えだした
    とくに2chのあそこで

  • 2014年5月28日 23:19:29 ID: zmu2fJXTgoHt
    30 スパくんのお友達さん
    通報する

    どうでもいいけど、こんな所にまで据え置きとPCのゴタゴタを持ち込むのはやめてくんない?
    PC貶めたくて必死なのはわかるんだけど、インディーの恩恵を受けてるのは据え置きも同じわけだし
    むしろ据え置きはある程度厳選されてるからPCよりゴミゲーの割合は少ないし
    ソニーだってインディーに力入れてるんだしさ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 80 件

no image