“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

ニューヨーク・タイムス誌の一面に『Dota 2』記事が掲載、注目浴びるe-Sports

September 01, 2014(Mon) 17:35 / by 水京

Valveが贈るMOBAタイトル『Dota 2』。公式世界大会「The International 2014」ではe-Sports史上最高額とも言われる賞金総額1000万ドル(約10億円)を記録した本作が、e-Sportsを代表し、ニューヨーク・タイムズの一面を飾りました。

ニューヨーク・タイムズでは、e-Sportsが伝統的なスポーツと並びつつあると書かれており、伝統的なアスリート同様のプログラム下で、去年からプロゲーマーにビザが支給され始めたことや、年々増加している賞金額に触れ、数年で大幅な進歩を遂げていることを解説しています。同じく立役者となっている『League of Legends』も同時に解説し、e-Sportsの注目度が高まっていることが伺えます。

Redditではニューヨーク・タイムズの一面を飾ったというスレッドが立てられ、話題になっているようです。大手新聞の一面を飾ったe-Sports。数年前では考えられない出来事に驚きと期待、そしてここまで来たという感慨深い思いを感じます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2014年9月1日 22:57:57 ID: VurOxQz9vCEu
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    とりあえずこの記事に全くコメントがない時点で日本ではe-Sportsが全く注目されてない(というかしようがない?)と理解した。あまりにも日本では色々とハードルが高すぎるし仕方ないのだろうけど。

  • 2014年9月2日 00:09:19 ID: QTsSTezwJXgh
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    e-Sportsが日本でもっと広まることを願う。

  • 2014年9月2日 03:14:36 ID: uyIQZuVrv6T8
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    MOBAが日本で流行るとは思えないけど
    海外はHeroes of the Stormが出て3強時代に突入すると思う

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

no image