“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

SCEがオープンソースのレベルエディターを公開、将来の即戦力を育成か

September 03, 2014(Wed) 14:59 / by RIKUSYO


Sony Computer EntertainmentはApache License 2.0の下に無償で利用できるオープンソースのレベルエディターGitHubにて公開しました。本レベルエディターは今年3月に同じくオープンソースで公開されたツールフレームワーク「Authoring Tools Framework」で構築されており、C#によるWYSIWYGインターフェースやデータ管理、DirectX 11による3Dレンダリング、複数人による同時使用への対応などを特色としています。


ユーザーが任意のゲームエンジン用のレベルを効率的に設計できるSCEのレベルエディター。ベースとなるAuthoring Tools FrameworkはNaughty Dogの『The Last of Us』、Guerrilla Gameの『Killzone: Shadow Fall』など、ビッグタイトルの開発にも利用されています。プロ開発者が使用するツールを無償公開する事で、将来即戦力となりうる人材が育っていくのではないでしょうか。


Authoring Tools Framework (ATF) の概要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2014年9月3日 16:28:29 ID: UzRzfp9RQRC/
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    最近のSCEは凄いな

  • 2014年9月3日 15:26:33 ID: 4CJ7zRnJVE86
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    Autodeskが囲い込みのために学生は同社3Dツールを無償でフル機能使えるようにしてるのと同じ考えかな
    今でもUE、Unity、CryEngine、sourceとどんどん増えてる上3Dツールはソフトごとに操作感が違いすぎるもんだから大変だ

  • 2014年9月3日 16:44:00 ID: XiaYFjMMWfYs
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    日本語への翻訳も始まってるみたいな?
    うちVisual Studioねーしなぁ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

no image