南米の秘境で8bitサウンド奏でる鳥を発見? 海外メディアが話題に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

南米の秘境で8bitサウンド奏でる鳥を発見? 海外メディアが話題に

ゲーム文化 カルチャー

南米の秘境で8bitサウンド奏でる鳥を発見? 海外メディアが話題に
  • 南米の秘境で8bitサウンド奏でる鳥を発見? 海外メディアが話題に

秘境として知られる南米アマゾンに面する国ブラジルで、8bitゲームサウンドのような鳴き声の鳥が発見されたと、英デイリーメール紙が報じています。

この鳥は、ブラジルのCriadouro Onca Pintada飼育センターで飼育されているカンムリルリサンジャクという南米に生息する種類で、他の鳥や人口の音を真似るのだそうです。デイリーメール紙が報じた映像では、まるで『スペースインベーダー』のサウンドのような声を発する姿が映されています。



同じように音や人の声を真似るオウムに詳しいGreg Glendell氏は、いくつかの種類の鳥は仲間同士のコミュニケーションのためにオウムのように音を真似るが、狭いケージで飼育されている鳥は退屈を紛らわすために飼い主の声などを真似ることがあると、デイリーメール紙のインタビューに答えています。

しかし、この『スペースインベーダー』音に関して、何を聞いて真似ているのかは不明のままです。もしかしたら、南米の秘境にまつわるミステリーがまた1つ増えたのかもしれません。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

    【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

  2. 『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

    『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

  3. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  4. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 【レポート】リゾート地が酒場に!「ハースストーン冬季選手権」バハマ現地フォトレポ

  7. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  8. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  9. ゲリラの人材募集映像に『Horizon Zero Dawn』のアイツが…?

  10. 『スーパーマリオ』の世界に変貌した米国バーが素敵

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top