ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル

ニュース ゲーム業界

スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル

米国の調査会社EEDARが公表したモバイルゲーム市場の統計データによると、2015年のモバイルゲーム市場規模は世界で250億ドルに増加し、プレイヤー人口は15億人にも昇ることが明らかになりました。

モバイルゲーム市場規模のトップは北米の54.1億ドル。続いて日本が51.6億ドル、中国が50.1億ドル、韓国が13.7億ドルになっています。日本のプレイヤー人口(4580万)は、中国の約8分の1、北米の3分の1にもかかわらず、市場規模で2位となっているところが興味深いと言えるでしょう。

モバイルゲーマー層の平均年齢は上位4国ともに35歳前後となり、北米だけが女性プレイヤーの比率が男性プレイヤーよりも10%ほど多いとの結果に。OS別の比較では、日本はiOSとAndroidが45%ずつで同じ利用率となっているのに対し、他の3国はAndroidが優勢のようです。遊ばれているジャンルは、北米/中国/韓国ではパズルが1位、2位がアーケードですが、日本だけはどの国も上位5位にランクインしていないRPGが2位となっています。

月にモバイルゲームに費やす金額の統計では、日本が1人平均24.06ドルと圧倒的に高く、続いて韓国の12.83ドル、北米の6.61ドル、中国の2.88ドル。週の平均プレイ時間は、中国が4.3時間とトップで、韓国が3.9時間、北米と日本は3.5時間となっています。

モバイルゲーム市場に関するこれらの面白いデータは、EEDARに登録することで無料でダウンロードできます。






《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 83 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『ストリートファイターV』脆弱性ファイルを削除するツール配信

    PC版『ストリートファイターV』脆弱性ファイルを削除するツール配信

  2. 海外AmazonプライムとTwitchが連携「Twitch Prime」海外向けに発表

    海外AmazonプライムとTwitchが連携「Twitch Prime」海外向けに発表

  3. Amazon Game Studios、PCタイトル3本を海外発表!サンドボックスやTPSなど

    Amazon Game Studios、PCタイトル3本を海外発表!サンドボックスやTPSなど

  4. 「Twitch」に映像ファイルアップロード機能が搭載、ベータテストが開始

  5. 『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破!記念イラスト&無料キャンペーンも

  6. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. 手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

  9. 『No Man's Sky』英広告規制局がSteamストアの調査を開始―誇大広告の疑い

  10. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top