ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル

ニュース ゲーム業界

スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル

米国の調査会社EEDARが公表したモバイルゲーム市場の統計データによると、2015年のモバイルゲーム市場規模は世界で250億ドルに増加し、プレイヤー人口は15億人にも昇ることが明らかになりました。

モバイルゲーム市場規模のトップは北米の54.1億ドル。続いて日本が51.6億ドル、中国が50.1億ドル、韓国が13.7億ドルになっています。日本のプレイヤー人口(4580万)は、中国の約8分の1、北米の3分の1にもかかわらず、市場規模で2位となっているところが興味深いと言えるでしょう。

モバイルゲーマー層の平均年齢は上位4国ともに35歳前後となり、北米だけが女性プレイヤーの比率が男性プレイヤーよりも10%ほど多いとの結果に。OS別の比較では、日本はiOSとAndroidが45%ずつで同じ利用率となっているのに対し、他の3国はAndroidが優勢のようです。遊ばれているジャンルは、北米/中国/韓国ではパズルが1位、2位がアーケードですが、日本だけはどの国も上位5位にランクインしていないRPGが2位となっています。

月にモバイルゲームに費やす金額の統計では、日本が1人平均24.06ドルと圧倒的に高く、続いて韓国の12.83ドル、北米の6.61ドル、中国の2.88ドル。週の平均プレイ時間は、中国が4.3時間とトップで、韓国が3.9時間、北米と日本は3.5時間となっています。

モバイルゲーム市場に関するこれらの面白いデータは、EEDARに登録することで無料でダウンロードできます。






《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 83 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 新型「PS4 Slim」は5Ghz帯に対応か、取説とUIイメージ浮上

    噂: 新型「PS4 Slim」は5Ghz帯に対応か、取説とUIイメージ浮上

  2. PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

    PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

  3. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  4. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  5. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  6. 噂: 「PS4 Slim」に続き新型「DUALSHOCK 4」映像が出現

  7. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

  8. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  9. 新型PS4「NEO」発表か!SIEイベント「PlayStation Meeting」米国で9月開催

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top