ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Game*Sparkリサーチ『ゲーム業界における今年の漢字(2015年)』結果発表

連載・特集 Game*Sparkリサーチ

Game*Sparkリサーチ『ゲーム業界における今年の漢字(2015年)』結果発表
  • Game*Sparkリサーチ『ゲーム業界における今年の漢字(2015年)』結果発表

毎週恒例の読者参加アンケートコーナー「Game*Sparkリサーチ」。今回は『ゲーム業界における今年の漢字(2015年)』というテーマで皆様から募集した回答をご報告。

回答では様々な漢字が挙げられていますが、中でも共感が多かったのは以下の漢字でした。

    コメントNo.3: スパくんのお友達 さん
    「動」
    FF7リメイクやFO4など、今まで望まれてたけど沈黙を貫いてた物が次々動き始めたから

    コメントNo.15: スパくんのお友達 さん
    「豊」
    期待の続編やサプライズも含め今年は5年に一度くらいの密度だったと思う
    期待を裏切った作品もあるけどそれでもこれほどまでタイトルが揃うのは珍しい

    コメントNo.17: スパくんのお友達 さん
    「核」
    MGSV:TPPとfallout4という『核兵器』をバックグラウンドにしたゲーム達。
    そしてスプラトゥーンという『コア』を得た任天堂ハードの活路の年。

    コメントNo.23: スパくんのお友達 さん
    「開」
    オープンワールドゲーム
    日本企業がSteamへ沢山新規開拓
    日本でのps4の扉が開いた気がする

2015年はようやく国内でも新世代機向けゲームが定着し、期待の大作などが続々と発売・発表されたこともあり、共感を受けた回答は2013年2014年と比較するとポジティブなものとなっています。2016年もこの勢いを維持して、より盛り上がって欲しいですね。その他には次のような漢字が挙げられています。

    コメントNo.2: スパくんのお友達 さん
    懐かしいナンバリングタイトルの続編がいくつも発表されたし「続」

    コメントNo.4: スパくんのお友達 さん
    「未」
    ビッグタイトルながら未完結のゲームが例年より多かった気がする。

    コメントNo.5: スパくんのお友達 さん
    残念ながら今年も多くの有名人が亡くなってしまいました。
    その中でも一番の大きな衝撃を受けたのが任天堂の岩田さんでした。
    ですので私は「岩」を選びたいと思います。

    コメントNo.8: スパくんのお友達 さん
    「機」
    BO3、メタルギアといい、最近機械化する主人公多いと思ったので

    コメントNo.10: スパくんのお友達 さん
    「落」 「楽」ではなく「落」
    ガッカリゲーが少々あったのがよく頭の中に残っているから
    もちろん面白いゲームもたくさんあったけどさ...
    良いことより悪いことのほうが頭に良く残るっていうじゃん?

    コメントNo.12: スパくんのお友達 さん
    「外」
    外面だけよくていざプレイすると残念ってゲームが多かった印象

    コメントNo.18: スパくんのお友達 さん
    「充」
    結構良作揃いだったのとwindows「10」に
    かけて

    コメントNo.19: ABCD さん
    「待」
    色々な発表があったけど様子見で待っている人が多そう

    コメントNo.20: スパくんのお友達 さん
    「肌」
    ゲーム表現における人種や女体に対する風当たりが一層強まった感があるため。

    コメントNo.24: スパくんのお友達 さん
    「面」
    ビッグタイトルや色んな続編は出たけど発売されたらグラフィックだけで中身は退化かただの焼き直しもしくは未完だったりDLC前提みたいなのが多くて上っ面だけの残念だったのが一線級に多かった気がしたから。

    コメントNo.25: スパくんのお友達 さん
    「序」
    ようやく現行機のみのタイトルが出始めた

    コメントNo.26: スパくんのお友達 さん
    任天堂「変」
    社長の他界、新ハード発表、スマホ参入。変化の1年。

    ソニー「王」
    PS4の圧倒的な販売台数。圧倒的なソフトラインナップ。ハード戦争の勝者の座を確かな物にした1年。

    マイクロソフト「苦」
    xbox史上最強のラインナップだったが売上も評価も伸びず。国内メーカーのxbox離れや、初代xboxから支えてきた社員たちが次々と退社するなど苦しい1年となった。

    コメントNo.28: スパくんのお友達 さん
    日本のゲームの再生、再来、
    って意味やらで、「再」

    コメントNo.29: スパくんのお友達 さん
    「美」
    MGSVといい、Fallout4といい、とにかくグラフィックがいいゲームが多かったからという単純な理由

    コメントNo.30: スパくんのお友達 さん
    「積」
    今年は次から次へと大作が売り出されて、忙しなくゲームを買った気がする。
    毎月発売日が待ち遠しく感じたし、でもやりたいゲームあり過ぎで、結局積む羽目になった。
    喜ばしい悲鳴

    コメントNo.33: スパくんのお友達 さん
    個人的には「失」

    P.T.やMGSVTPP、岩田社長

    コメントNo.34: スパくんのお友達 さん
    「豊」
    大作が豊作だらけだったので自分にとっては当たり年でした。

    コメントNo.35: ロンリーおじ さん
    「束」

    PC、CSやスマホなどのゲームを現実のイベントや商品とリンクさせ、サービスを集約させる動きが多く、あらゆる物事を束(つか)ねるような1年と感じたため。
    また、CS界隈ではPS4が業界を統帥し、Xbox Oneは腕をこまぬくように感じたため。

    コメントNo.36: スパくんのお友達 さん
    「待」
    期待のゲームは今年出ずに待たされるものが多かった

    コメントNo.39: スパくんのお友達 さん
    「任」
    任天堂が大いに盛り上げてくれた年だった
    快調なSplatoonや大作が出揃って
    悲しいことに岩田社長の死もあった

    任天堂にとって大きな転換点(節目)を迎えた年だった気がする

    コメントNo.41: スパくんのお友達 さん
    「蒸」 steamでやりもしないゲームを最安値で買うというゲームをする1年だった

    コメントNo.42: スパくんのお友達 さん
    「稀」とでも。
    fo4やmgs5,bo3を始め、期待されてたナンバリングタイトルが一気に集結した珍しい年だった。

    その他にも、非AAAタイトルゲームのLife is Strangeを始めとしたゲームがAAAタイトルに負けない評価を得たりした。
    とりあえず今年は、気になるゲームばっかり出た稀な年だと思う。

    コメントNo.43: スパくんのお友達 さん
    「豊」に一票
    今年はゲーム多すぎて忙しい。

    コメントNo.48: スパくんのお友達 さん
    「盛」かな
    「盛況」の盛でもあり、「盛りすぎ」の盛でもある
    スマホガチャが猛威をふるう中、優良なソフトが頑張った一年

    Steamは自社のもつ同時接続記録をさらに更新
    任天堂はスプラトゥーンが日本で社会現象に
    ソニーはPS4の世界3000万台突破で大躍進
    MSはHALO5を発売、4での失望を補って余りある今年随一の出来だった

    さらにサードパーティもおおいに賑わった
    Witcher3やFallOut4などの優良ブランドシリーズが発売
    インディー業界もIGAや鈴Qの復活が話題になった2015年
    オリ森とかDeerGod、Beyond Eyesなんかも良かった

    その一方
    マイティー9・クォンタムブレイク・FF15・ゼルダの発売がなかった事や
    未完成品とも思われるゼノブレイドクロス、TOZ、The Orderの発売、
    いまだ名前だけが一人歩きして実態が不明のNXなど、
    あいかわらず盛りすぎた感も目立つ一年だった

    コメントNo.49: スパくんのお友達 さん
    「更」
    毎日のように更新プログラムをダウンロードしていた気がする。

    コメントNo.50: スパくんのお友達 さん
    「験」
    コアなシミュレーターゲームの勢いが止まらず、VRなど新たな視点から、
    ゲーム体験ができるようになったので。

    コメントNo.51: バカボット さん
    「競」
    給与制プロチームの誕生、専門学校設立、格ゲープロの続出。
    eスポーツが順調に成長した年。

※すべてのコメントを見る。

なお読者の皆さまからも「Game*Sparkリサーチ/大喜利」の楽しいテーマ/お題を募集しております。面白いお題を思いついた方はぜひお問い合わせフォームよりスタッフにお知らせください!
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top