一部地域で高額なOculus Rift、「人為的に増やしていない」―ラッキー氏が説明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

一部地域で高額なOculus Rift、「人為的に増やしていない」―ラッキー氏が説明

ゲーム機 VR

一部地域で高額なOculus Rift、「人為的に増やしていない」―ラッキー氏が説明
  • 一部地域で高額なOculus Rift、「人為的に増やしていない」―ラッキー氏が説明
  • 一部地域で高額なOculus Rift、「人為的に増やしていない」―ラッキー氏が説明
599.99ドルの基本価格で予約受付を開始したOculus Rift。日本国内から購入した場合、送料、手数料、税金等を含めて9万4,600円と高額になっていますが、一部の地域でも同様の状況で、その国別の金額差にユーザーから疑問の声があがっています。

それに対して、Oculus VRのCEOパーマー・ラッキー氏は、「Oculus Rift」の各地域価格は「人為的に増やしていない」と自身のTwitter上で説明。売上税といった税金や各種手数料を加算した結果の金額であり、ある国では米国で購入するよりも、わずかに安く購入できると伝えています。

いずれにせよ、10万円近くなる日本国内からの詳細な購入費用内訳は不明で、今後明確化が求められるところです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 42 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

    任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

  2. 折畳式の新型ゲーミングチェア「RC-3」米Amazonにて発売日が明らかに

    折畳式の新型ゲーミングチェア「RC-3」米Amazonにて発売日が明らかに

  3. 『エースコンバット 7』のVRバージョンがPS Experienceに出展決定!―コックピット映す1枚の画像も

    『エースコンバット 7』のVRバージョンがPS Experienceに出展決定!―コックピット映す1枚の画像も

  4. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  5. Oculus対応ゲーミングチェア「MMOne」が危険… 360度回転する

  6. 「GeForce GTX VR Ready」とは一体何なのか? CESでNvidiaを直撃

  7. 【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

  8. 新ゲーム機「ニンテンドースイッチ」詳細情報が公開、切り替え可能な本体仕様やパートナー企業など

  9. VRで世界を覗こう!『Google Earth VR』がSteamで配信開始―HTC Viveに対応

  10. 携帯型Steam Machine「SMACH Z」Kickstarterキャンペーンが再始動

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top