ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」

ニュース ゲーム業界

『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」
  • 『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」
  • 『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」

ジョナス・サヴィンビ氏

2011年にPS3/Xbox 360/Wii U/PC向けタイトルとしてリリースされたFPSシリーズ作品『Call of Duty:Black Ops 2』。本作に登場する実在人物、ジョナス・サヴィンビ氏の家族がActivisionへの訴訟を検討中だと海外メディアより伝えられています。

2002年に亡くなったサヴィンビ氏は、アンゴラ内戦時、アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)を率いた人物として知られ、『CoD:BO2』内のストーリーキャンペーンモードでは、主人公と共闘するキャラクターでした。海外メディアGamesRaderによると、同氏の家族は、今回の訴訟検討について、「(サヴィンビ氏が)全員を殺したいと願っているまぬけや、野蛮に描かれている」と理由を語っているとのこと。


ゲーム内のサヴィンビ氏

それに対して、Activision側の担当弁護士はサヴィンビ氏はゲーム内で、弾圧的なアンゴラ解放人民運動(MPLA)と戦った、良い人物(Good Guy)の一人として描いていると回答。加えて、「野蛮」や「良い人物」という描き方は、"人"をシンプルに説明するためだ、という旨の発言も行っています。

なお、本作を巡っては、同様にストーリーキャンペーンモードに登場するマヌエル・ノリエガ氏がActivisionに対して訴訟を起こしましたが、アメリカ合衆国憲法修正第1条(信教・言論・出版・集会の自由、請願権)の権利内だとして、ノリエガ氏は敗訴していました。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

    『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

  2. Steam夏の大型セール「サマーピクニックセール」がスタート!

    Steam夏の大型セール「サマーピクニックセール」がスタート!

  3. 最新作の前日譚も描く『Mass Effect』ノベル展開が発表

    最新作の前日譚も描く『Mass Effect』ノベル展開が発表

  4. 『L.A. Noire』のTeam Bondi新作『Whore of the Orient』が開発中止か

  5. 狂気の話題作『Year Of The Ladybug』初のトレイラーまもなく公開

  6. 非対称マルチプレイサバイバルホラー『Dead by Daylight』が発表―殺人鬼vs4人の男女

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. PS4/PS3/PS Vita向け『ウォーキング・デッド シーズン2』国内向けに発売決定―前作のPS4版もリリース予定

  9. サンドボックス工作ADV『Portal Knights』に日本語が実装!

  10. Valve、FPS『CS:GO』での違法賭博をサポートしていると提訴される

アクセスランキングをもっと見る

page top