『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」

ニュース ゲーム業界

『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」
  • 『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」
  • 『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」

ジョナス・サヴィンビ氏

2011年にPS3/Xbox 360/Wii U/PC向けタイトルとしてリリースされたFPSシリーズ作品『Call of Duty:Black Ops 2』。本作に登場する実在人物、ジョナス・サヴィンビ氏の家族がActivisionへの訴訟を検討中だと海外メディアより伝えられています。

2002年に亡くなったサヴィンビ氏は、アンゴラ内戦時、アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)を率いた人物として知られ、『CoD:BO2』内のストーリーキャンペーンモードでは、主人公と共闘するキャラクターでした。海外メディアGamesRaderによると、同氏の家族は、今回の訴訟検討について、「(サヴィンビ氏が)全員を殺したいと願っているまぬけや、野蛮に描かれている」と理由を語っているとのこと。


ゲーム内のサヴィンビ氏

それに対して、Activision側の担当弁護士はサヴィンビ氏はゲーム内で、弾圧的なアンゴラ解放人民運動(MPLA)と戦った、良い人物(Good Guy)の一人として描いていると回答。加えて、「野蛮」や「良い人物」という描き方は、"人"をシンプルに説明するためだ、という旨の発言も行っています。

なお、本作を巡っては、同様にストーリーキャンペーンモードに登場するマヌエル・ノリエガ氏がActivisionに対して訴訟を起こしましたが、アメリカ合衆国憲法修正第1条(信教・言論・出版・集会の自由、請願権)の権利内だとして、ノリエガ氏は敗訴していました。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

    Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

  2. あの強烈な仲人デートシム『キティ パワーズ・マッチメーカー』PS4/XB1版海外発表

    あの強烈な仲人デートシム『キティ パワーズ・マッチメーカー』PS4/XB1版海外発表

  3. 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

    18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

  4. PS4版『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』体験版が期間限定配信!製品版セールも

  5. 狙撃FPS『Sniper Ghost Warrior 3』PC向けオープンベータが海外発表

  6. ゲイブ氏「最適なコンテンツ表示機能の強化が必要」―Steamリリース数の急激な増加について

  7. Valveが本格的シングルプレイゲームを開発中―『Half-Life 3』中止の噂は「信じる」

  8. 任天堂、「ファイアーエムブレム Direct」を実施! スマホ向け最新作やシリーズ新情報も

  9. Valveの未発表新製品は「Source 2」採用、エンジンは今後も提供継続へ

  10. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top