市長が『マイクラ』世界から解説―ロンドン市によるゲーム産業支援プロジェクト「Games London」発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

市長が『マイクラ』世界から解説―ロンドン市によるゲーム産業支援プロジェクト「Games London」発表

ゲーム文化 カルチャー

市長が『マイクラ』世界から解説―ロンドン市によるゲーム産業支援プロジェクト「Games London」発表
  • 市長が『マイクラ』世界から解説―ロンドン市によるゲーム産業支援プロジェクト「Games London」発表
英ロンドン市は、ビデオゲーム産業の活性化を目的としたプロジェクト「Games London」を発足し、120万ポンド(約2億円)を投じると発表しました。

英ガーディアン紙の報道によると、120万ポンドの出資を行うのは、複数の企業とロンドン市によって構成され、ロンドン市長が議長を務める団体London Enterprise Panel。映画・メディアエージェンシー会社Film Londonとビデオゲーム業界団体Ukieが中心となりプロジェクトが進められるそうです。

2012年を最後に開催されていなかった大規模ゲームイベント「London Games Festival」も、「Games London」プロジェクトの一環として復活。4月1日から10日まで、サマセット・ハウスなどロンドンの10箇所の施設にわたり開催予定で、4月7日には英国アカデミー賞ゲーム部門の授賞式も行われます。



「Games London」の発表にあわせ、『マインクラフト』で再現されたロンドンの街から、市長であるボリス・ジョンソン氏が「Games London」を解説するというユニークなプロモーション動画も公開されています。ジョンソン氏によると、「Games London」は3年がかりのプロジェクトで、1000万ポンドの経済効果と300の雇用創出を見込んでいるとのこと。

英国では、文化相エド・バイゼイ氏により率先して行われていたビデオゲーム産業への支援ですが、ロンドン市による「Games London」が加わったことでさらなる産業の活性化が期待できそうです。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 2002年発売の『Red Faction II』がドイツの「有害メディア」リストから削除―合法的な販売が可能に

    2002年発売の『Red Faction II』がドイツの「有害メディア」リストから削除―合法的な販売が可能に

  2. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

    ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  3. あのバイスシティが!PC版『GTA 5』新たなマップMod開発中

    あのバイスシティが!PC版『GTA 5』新たなマップMod開発中

  4. 弱冠19歳の日本人選手が初優勝!『ハースストーン』アジア太平洋冬季大会プレイオフ結果発表

  5. 『LoL』教育プログラム実施!元アメフト日本代表コーチがLJL出場チームに指導

  6. 『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

  9. 『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

  10. 『NBA 2K17』国内初!一般ユーザー参加型大会「ジャパントーナメント」開催決定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top