映画会社の日活がインディーゲーム開発に参入! 第1弾は『刺青の国』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

映画会社の日活がインディーゲーム開発に参入! 第1弾は『刺青の国』

ニュース ゲーム業界

映画会社の日活がインディーゲーム開発に参入! 第1弾は『刺青の国』
  • 映画会社の日活がインディーゲーム開発に参入! 第1弾は『刺青の国』

映画会社の日活より、インディーゲームタイトルの開発と、ゲームレーベル「SUSHI TYPHOON GAMES」の発足が発表されました。

同社は、創立1912年という長い歴史を持つ映画製作・配給会社で、新たに2016年よりゲーム事業に本格参入。日本だけでなく海外市場もターゲットに、「SUSHI TYPHOON GAMES」レーベルの下、アクション、バイオレンス、ホラー、コメディまで娯楽性の高い作品を送り出していくとのこと。

その第1弾ゲームとして2016年中にリリースを予定しているのが、抗争シミュレーションゲーム『刺青の国』。ゲーム画面はまだ公開されていませんが、和風のテイストを重視し、タイトルにある“刺青”が重要な役割を果たすゲーム性を備えているのだとか。同作は、1月28日より台湾で開催されるTaipei Game Show 2016で出展を予定している他、公式サイトもオープン。

日本最古を謳う映画会社から一体どのようなタイトルが飛び出すのか、ゲームファンと映画ファン双方から関心が集まりそうです。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 27 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「女性ゲーマーが好むジャンル」海外調査結果―1位は農業シムなど

    「女性ゲーマーが好むジャンル」海外調査結果―1位は農業シムなど

  2. なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

    なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

  3. 2016年のPCゲームハードウェア売上は全世界300億ドル、アジア市場に強い勢い

    2016年のPCゲームハードウェア売上は全世界300億ドル、アジア市場に強い勢い

  4. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  5. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

  6. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

  7. 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!

  8. 最恐ホラー『P.T.』が登場から1周年を迎える―意思を受け継ぐ注目作品&パロディ映像紹介

  9. マイクラ風の『ARK』新作『PixArk』が海外発表―ポケモンGO風の新作ARゲームも

  10. PC版『バイオハザード 7』の推奨/最低環境が公開―推奨はGTX 960以上に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top