ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Witness』初週販売数は「実質10万本超」―Xbox One/iOSなど移植も検討へ

ゲーム文化 インディーゲーム

『The Witness』初週販売数は「実質10万本超」―Xbox One/iOSなど移植も検討へ
  • 『The Witness』初週販売数は「実質10万本超」―Xbox One/iOSなど移植も検討へ
  • 『The Witness』初週販売数は「実質10万本超」―Xbox One/iOSなど移植も検討へ

インディーゲーム界の名士ジョナサン・ブロウ氏より、『Braid』以来の新作となるパズルアクション『The Witness』の全プラットフォームにおける総セールス数が「実質的に10万本以上」に上り、500万ドルにもおよぶ収益が産まれたことが、公式ブログを通して伝えられています。

パブリッシングの関係上で正確なプラットフォーム別販売数は明かされていないものの、非公式統計サイトSteamSpyによればSteam版PC向け『The Witness』は5万100本ほどの売上を記録している模様。ブロウ氏は同サイトが収集したデータについて「若干少なめ」とコメントしながらも、2008年リリースの『Braid』とダブルスコア以上の開きを見せた売上について、「本当に大成功を収めた」と述べています。

続けて、ブロウ氏は『The Witness』PC版における不具合対応やPS4/PC両エディションでの操作およびレンダリング調整に言及。更に、「近い将来のうち」にiOS/Android/Xbox One/Mac OSXを対象とした「他プラットフォームへの移植」についても調査検討を進める方針であると語りました。インディーゲーム界に再び存在感を示したブロウ氏の新作だけあり、今後の続報が期待されます。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Destiny』ファン配信で50万ドル以上の募金額、Bungieスタッフにも波及

    『Destiny』ファン配信で50万ドル以上の募金額、Bungieスタッフにも波及

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

    不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  4. 海外ゲーマーのお母さんが『オーバーウォッチ』キャラを当てずっぽうで解説

  5. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  6. もしも『オーバーウォッチ』のヒーローが犬だったら?―元Naughty Dogアーティストが描くワンダフルなファンアート

  7. 『LoL』世界規模大会IWCQで日本代表RPGが初戦白星!チームに迫る密着映像も

  8. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  9. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  10. 画面から飛び出た?『ポケモンGO』女性トレーナーのユニークコスプレ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top