ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Witness』初週販売数は「実質10万本超」―Xbox One/iOSなど移植も検討へ

ゲーム文化 インディーゲーム

『The Witness』初週販売数は「実質10万本超」―Xbox One/iOSなど移植も検討へ
  • 『The Witness』初週販売数は「実質10万本超」―Xbox One/iOSなど移植も検討へ
  • 『The Witness』初週販売数は「実質10万本超」―Xbox One/iOSなど移植も検討へ

インディーゲーム界の名士ジョナサン・ブロウ氏より、『Braid』以来の新作となるパズルアクション『The Witness』の全プラットフォームにおける総セールス数が「実質的に10万本以上」に上り、500万ドルにもおよぶ収益が産まれたことが、公式ブログを通して伝えられています。

パブリッシングの関係上で正確なプラットフォーム別販売数は明かされていないものの、非公式統計サイトSteamSpyによればSteam版PC向け『The Witness』は5万100本ほどの売上を記録している模様。ブロウ氏は同サイトが収集したデータについて「若干少なめ」とコメントしながらも、2008年リリースの『Braid』とダブルスコア以上の開きを見せた売上について、「本当に大成功を収めた」と述べています。

続けて、ブロウ氏は『The Witness』PC版における不具合対応やPS4/PC両エディションでの操作およびレンダリング調整に言及。更に、「近い将来のうち」にiOS/Android/Xbox One/Mac OSXを対象とした「他プラットフォームへの移植」についても調査検討を進める方針であると語りました。インディーゲーム界に再び存在感を示したブロウ氏の新作だけあり、今後の続報が期待されます。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  2. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. ラズパイ×3Dプリンターで制作!手のひらサイズ「NES」デモ映像

  7. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  8. 『ポケモンGO』でエリア51に突撃…海外メディアが見つけた不可解なモノ

  9. ライトニングは実在した…?あまりにも本気すぎる『FF13』コスプレ

  10. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top