ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Appleが『The Binding of Isaac』iOS版配信を棄却、「児童虐待」指摘に開発者激怒

アプリゲーム iOS

Appleが『The Binding of Isaac』iOS版配信を棄却、「児童虐待」指摘に開発者激怒
  • Appleが『The Binding of Isaac』iOS版配信を棄却、「児童虐待」指摘に開発者激怒
  • Appleが『The Binding of Isaac』iOS版配信を棄却、「児童虐待」指摘に開発者激怒

ほんのりグロテスクなインディーローグライク作品『The Binding of Isaac(アイザックの伝説)』開発者より、同作iOS版リリースの申請がAppleによって棄却されていたことが明かされました。開発元Nicalis, Inc.の創設者Tyrone Rodriguez氏が伝えるところによれば、Appleは「暴力的な描写」「児童虐待を含む要素」を理由に配信を見送ったとのことです。

この棄却を受け、開発者Edmund McMillen氏はVentureBeatを通して「Appleは明らかにゲームが創作物であるとは考えていないし、表現に対するリスペクトも持ち合わせていない」とコメント。Appleのアナウンスに対して遺憾を表明しつつ、「マヌケで笑える声明文だ」「ビデオゲームは“芸術的側面がない子どものおもちゃ”と、全ゲーム開発者側に小言を言ってるだけ」と批判的なメッセージを述べました。また、モバイル向けFree-to-Playゲームが市場の大半を占めるiOS App StoreやAppleを否定する姿勢も露わにしています。


『The Binding of Isaac: Rebirth』は2015年10月よりPS4/PS Vita/Wii U/New 3DSを対象として国内版を発売済み。また、ダウンロードコンテンツ「Afterbirth(アフターバース)」も1月のアップデートで日本語版が追加されていました。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベル40到達、Bot利用のデータ確認目的で【ネタバレ注意】

    『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベル40到達、Bot利用のデータ確認目的で【ネタバレ注意】

  2. 『ポケモンGO』ドイツ都市の人が集まるホットスポットでの当局の対応が話題に

    『ポケモンGO』ドイツ都市の人が集まるホットスポットでの当局の対応が話題に

  3. 『ポケモンGO』各チームリーダーの姿が明らかに―ポケモンセンターの存在も【UPDATE】

    『ポケモンGO』各チームリーダーの姿が明らかに―ポケモンセンターの存在も【UPDATE】

  4. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  5. 『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた―地方都市レポ

  6. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請―プレイ自体は禁止せず

  7. バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も

  8. 『Pokemon GO』全世界7,500万DL達成、モバイルゲーム史に残る記録に

  9. 『Pokemon GO』未発売デバイスの予約注文を謳う出品がeBayに多数出現―2万円超えも

  10. もはや社会現象!『ポケモンGO』熱狂に迫る海外ドキュメンタリー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top